第66回全国高等学校軟式野球選手権千葉大会準決勝 結果報告

7月26日(月)に行われた第66回全国高等学校軟式野球選手権千葉大会準決勝に出場し、千葉商大付属高校と対戦して参りました。

 1回  2回  3回  4回  5回  6回  7回  8回  9回   計
千葉商科大学附属  1  0  0  1  0  2  0  0  0   4
 市       川  1  0  0  0  0  0  0  1  3X   5

初回から三塁打を浴びるなどしリードされ、6回には青葉の森球場のライトスタンドへ、商大4番バッターから特大のソロホームランを浴びる等、強力打線の商大に終始リードされ続ける非常に苦しい試合展開となりました。

  • 2点ビハインドで迎えた9回裏、四球と内野安打でなんとか出塁しましたが、相手投手の好投に阻まれ、後続が次々と倒れあっという間に2アウト。
  • 絶体絶命のピンチとなりましたが、3番近藤(高3)がセンター前に意地のテキサスヒットで一点差に詰め寄ると、続く4番キャプテン永田(高3)へは申告敬遠により満塁策を講じられ2アウト満塁。
  • 4番との勝負を避けられ、勝負を挑まれた5番百々(高2)が左中間を破るタイム-リーヒットを放ち結果、4-5xでサヨナラ勝ちを納めることができました。

猛暑の中、応援に駆けつけで下さいました皆様、ならびに関係者の皆様、誠にありがとうございました。

決勝戦は7月28日(水)、10時より佐倉市長嶋茂雄記念岩名球場にて南関東大会出場権をかけて、春季県大会覇者の優勝候補拓殖大学紅陵高校と対戦致します。市学野球を貫き、高校生らしく感謝の気持ちを忘れずハツラツとプレーし3年ぶり8回目の優勝を目指して頑張って参りますので皆様の暖かいご声援、何卒よろしくお願い致します。
尚、決勝戦の様子はアマチュア野球サイト『一球速報』にて当日リアルタイム配信されます(動画配信はありません)。下記URLからご覧ください。

https://baseball.omyutech.com/

また、硬式同様、試合当日スタンドへの入場は感染防止対策の為、誠に恐れ入りますが県高野連の規定により『保護者、部員、学校関係者(OB含む)』のみとなっております。関係者の皆様、ご来場の際は球場スタンド入場口前に設置してあります名簿へ氏名等をご記入の上、ご入場ください。ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承頂けますようお願い申し上げます。