高校軟式野球部 第63回全国高等学校軟式野球選手権南関東大会 結果報告

8月4日(土)、第63回全国高等学校軟式野球選手権南関東大会に千葉県代表として出場し、茅ヶ崎公園野球場にて神奈川県代表の慶應義塾高校と対戦して参りました。

nanshiki

序盤から息をのむ投手戦となり、スコアボードに0点が延々と刻まれる試合となりました。本校のエース(高3)田村は、県大会計33得点という猛打の慶應打線を粘投で抑え続けました。両校ともチャンスとピンチを繰り返すものの、凌ぎの連続で、9回では決着が付かず試合は延長戦へ突入。延長戦も両校なかなか得点に到らず、0点が続きましたが、延長12回表に適時打で本校がリードし均衡を破りました。しかしその直後の12回裏、相手のタイムリーヒットと守備の乱れから同点、そしてまさかの逆転サヨナラ負けを喫してしまいました。41年ぶりの全国大会への切符を勝ち取るため、持てる力を全て出し尽くし懸命に戦いましたが3時間以上の激闘及ばず残念ながら競り負けてしまいました。

1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回  計
 市  川  1
 慶應義塾  2

猛暑の中、はるばる茅ヶ崎まで応援に駆けつけてくださいました皆様、誠にありがとうございました。スタンドからのご声援、選手達にとって大変心強かった事と思います。負けはしましたが、球史に残る、まさに死闘と呼べる最高の勝負ができました。心より御礼申し上げます。引退する3年生の志は後輩達がきちんと受け継いでくれることでしょう。
これからも引き続き高校軟式野球部は、野球を通した人間形成をモットーに文武不岐で、学業、そして挨拶一つにしても他の生徒の良き模範となれるよう、これからも日々精進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。この度は誠にありがとうございました。