市川学園100冊の本の紹介(手塚治虫)

手塚 治虫 ~日本のストーリー漫画を確立した漫画の神様~

吉武 佳一郞

 手塚は、1928年11月3日の明治節に生まれたので、治(おさむ)と名づけられた。兵庫県宝塚市に5歳で移住して以来、母と一緒に宝塚歌劇を堪能していた。米国映画やディズニー・アニメなどを映写するモダンな父と多数の漫画本を買い与えて登場人物になりきって読み聞かせた変わり者の母の影響で、手塚は幼少時から漫画に親しんだ。池田師範付属小学校入学当初は、チビで泣き虫のうえ、天然パーマで眼鏡をかけていた手塚は、「ガジャボーイ」というあだ名の「いじめられっ子」だったが、小5の時、彼の漫画ノートが没収されて職員室で回し読みされた結果、彼の漫画は黙認されてクラスの人気者になった。同級生の影響で昆虫や科学・天文学に興味を持ち、ペンネーム「治虫」は甲虫のオサムシにちなんで付けられた。

 1941年、大阪府立北野中学校在学の時、勤労奉仕中に焼夷弾(しょういだん)の投下で九死に一生を得た体験が、「生命の尊厳(そんげん)」をテーマとする手塚作品の原点となった。大阪帝国大学附属医学専門部に在学中の1946年に『マァチャンの日記帳』(『少国民新聞』のちの『毎日小学生新聞』)でデビューし、1947年には長編マンガ『新宝島』(酒井七馬構成)がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こした。それまでの漫画が主に登場人物の台詞(せりふ)による説明に頼っていたのに対して、時間や状況の進行を台詞によらないスピーディなアクションとコマ割り・構図による表現で行う『新宝島』の「映画的手法」は、漫画の表現に革命をもたらした。その後も、赤本の一作ごとに内容や手法の実験をくり返し、のちに”戦後ストーリー漫画の開拓者””映画的手法の祖”といわれるようになった。

 漫画執筆の多忙(たぼう)のために単位取得が難しくなり、漫画家一本で生きるべきか悩んだ手塚は、母親から「あなたの本当にやりたい道に進みなさい」という一言で漫画家になる決心を堅めながらも、その後、1951年に医学専門部を卒業し、1953年に国家試験で医師免許を取得し、1961年には医学博士の学位も取得している。

 1950年に人間的に動物世界を描いた『ジャングル大帝』(『漫画少年』)を連載し、1951年には人間よりも人間らしく、優しい心と正義感の持ち主のロボット・アトムが初登場した『アトム大使』を発表した。その時脇役の少年ロボットを主人公にした『鉄腕アトム』は大人気を博し、『漫画少年』廃刊までの17年間の後も他紙に連載されて戦後精神史に一時代を築いた。また、1953年の『リボンの騎士』(『少女クラブ』)は、少年期からの宝塚歌劇とディズニーの影響を受けた作品で、少女向けストーリーマンガの原型となった。1954年に連載されて以来、描き継がれた傑作『火の鳥』(『漫画少年』)は、その後の手塚のライフワークとも言うべき作品で、彼の宇宙観、人間観をのびのびと展開させるなかで、東洋的・エコロジー的なヒューマニズムが表現されている。

 自ら「ディズニー狂」と称していた手塚は、アニメーション制作が夢だったので、その資金を得るために「がめつい奴」と言われてもマンガを描いて蓄財し、1961年、手塚プロダクション動画部を設立して『ある街角の物語』を制作した。翌年、「虫(むし)プロダクション」に改名し、1963年、国産初の連続テレビアニメ『鉄腕アトム』を放映し、1965年から日本初のカラーアニメ『ジャングル大帝』を放映した。

 1966年、白土三平の『カムイ伝』を看板作品とする『ガロ』に対抗して実験漫画誌『COM』を創刊し、手塚の『火の鳥』を目玉に、石森章太郎や永島慎二などの意欲作を掲載(けいさい)した。1967年に水木しげるの妖怪(ようかい)漫画が流行すると、水木風の点描(てんびょう)を用いた怪奇(かいき)漫画『バンパイヤ』『どろろ』(『少年サンデー』)を連載するなど、漫画の技法を自ら開拓していった。その一方で、競争心・敵愾心が強かった手塚は、劇画が流行すると自身の絵に劇画タッチを取り入れるなど、その時々の流行にも敏感に対応して自分を磨いていった。1960年代後半に一時低迷するが、1973年に発表した『ブラック・ジャック』(『少年チャンピオン』)は、彼の外科医師の専門知識を活かしたもので、後期手塚の代表作となった。1976年には『火の鳥』(『マンガ少年』)も再開された。文庫本ブームにともない手塚の作品は続々と復刊され、さらに講談社『手塚治虫漫画全集』全300巻の刊行によって、手塚は漫画の第一人者、漫画の神様という評価を確かなものにした。また、手塚自身のルーツをたどった『陽だまりの樹』と、アドルフ・ヒトラーを題材にした『アドルフに告ぐ』などは、手塚の晩年の代表作になった。

 1988年、胃癌で入院した病床でも仕事を続け、デビューから1989年2月9日の死去までに描いた手塚作品は15万枚にのぼった。それら全ての作品は、戦争を否定して生命の大切さをメッセージとしたもので、内外での受賞は枚挙にいとまがない。自伝には『ぼくはマンガ家』(角川文庫)と『ぼくのマンガ人生』(岩波新書)がある。

【第三教育センター所蔵の「手塚治虫」関連の本】
①手塚治虫『 マンガの心~発想とテクニック~ 』光文社 726-テ
②同:聞き手=石子順『 漫画の奥義 』講談社、726-テ
③ 同 『 手塚治虫ランド 』大和書房 914.6-テ      
④斉藤次郎『 手塚治虫がねがったこと 』岩波ジュニア新書 914..6-サ
⑤夏目房之介『 手塚治虫はどこにいる 』筑摩書房(ちくま文庫) 726-ナ  
⑥矢口高雄『 ボクの手塚治虫 』毎日新聞社 726-ヤ
⑦手塚るみ子『 オサムシに伝えて 』太田出版 726-テ 
⑧竹内オサム『 手塚治虫~アーチストになるな~ 』ミネルバ書房726-テ 

             

市川学園「100冊の本」 ジャンル:<高校> 思想・哲学・心理 

『 幸福論 』カール・ヒルティ著(岩波文庫)分類 316-ジ    

 1891~1899の間に師範学校などの求めに応じて、校誌などに発表した生きるための助言集。多年の読書によって得た広い知識、豊かな人生経験、深い信仰と円熟した思想をエッセィ風に、簡潔に力強く表現している。”キリスト教会的形式主義を避け、哲学の論理的な体系付けを虚飾(きょしょく)として退け、著者の行為と生活の実践に裏付けられたその主張は、確信と真実に満ちている”(訳者あとがき)『仕事の仕方。悪とたたかいながら世をわたる。よい習慣。時間の作り方。幸福。人間とはなにか、どこから来て、どこへ行くのか』…などを語りかける。これからの自分の生き方の指針となる助言が詰まっている。 まず、第1部を読もう。例えば、仕事の仕方の章で「仕事をする気がなかなか起きない時」では、”まづ、何よりも肝心なのは、思い切ってやり始めることである。結局は一番難しいことなのだが、あまり自分自身を大事がらないことである。言いかえれば、時間・場所・位置、気乗りや気分などの準備に長い暇をかけないことだ。”そして仕事に疲れた時は”ある程度の疲れが出てきたら、(中略)決して仕事そのものをやめてしまう必要はない。(中略)仕事を換えることによって、必要な休息と同じくらいに元気が回復するものだからである”                        

カール・ヒルティ(1833~1909)  

 スイスのザンクト・ガレン州の教養の高い有名な医者の息子として生まれ、ドイツに留学し、ハイデルベルグ大学などで法律学を修めて、23歳のとき故郷に帰り弁護士となる。正義感あふれる弁護士として、広く尊敬され、信頼される。多忙な業務の間にも、読書と思索とを怠らず見識を高めることに努め、国の習慣に従って軍籍にも身を置き、スイス陸軍裁判長として陸軍司法の指導もした一方、首都ベルン大学正教授に招かれ、法律に留まらない幅広い人間学もあわせて学生に講じ、非常に好評を得た。50代半ばからは、推されて、代議士を死ぬまで20年間務めた。「幸福論」3部、「眠られぬ夜ために」2部ほか多数の著作。                                                                

担当 中田 真人