エコノミクス甲子園千葉大会の結果

2011年12月18日(日)に行われた 「エコノミクス甲子園千葉大会」の結果をお知らせ致します。

長澤陸生・梅國典(5-8)の2人が出場し、千葉大会で優勝し、全国大会に出場することになりました。

<以下は朝日新聞より抜粋>

県内12校から2人1組の21チームが参加、筆記や早押しなどがあり、参加者は「世界の4大会計事務所は」「1944年に結ばれたブレトンウッズ協定で設立が決まった2つの機関は」などの難問に挑戦した。

優勝した市川高校の長澤陸生さん(17)は大学受験用の問題集を使って大会に臨み、「勉強したかいがあった」。梅國典さん(17)は「言葉に出来ないほどうれしいが、まだまだ」と全国大会に向けて気を引き締めた。

第6回 全国高校生英語ディベート大会の結果

2011年12月17日(土)~18日(日) 石川県金沢市で行われた全国高校生ディベート大会の結果を報告します。

予選ラウンド(5戦)

1回戦 市川 対 宇都宮北(栃木)    〇
2回戦 市川 対 高志(福井)       〇
3回戦 市川 対 浦和第一女子(埼玉) ×
4回戦 市川 対 宇都宮女子(栃木)   ×
5回戦 市川 対 手塚山(奈良)  〇

と3勝2敗で残念ながら去年と同じ3勝2敗で決勝ラウンドには進めませんでした。順位は64校中25位となりました。優勝は灘(兵庫)高校でした。全国のレベルの高さを実感し、非常に良い経験となりました。ご声援ありがとうございました。

<出場者>
5年1組 北山慎之介、5年2組 檜山永梨香、5年3組 天崎瑶子、
5年6組 斉藤優貴子、5年8組 窪浦ゆり、5年8組 前田英子

毎日パソコン・コンクール全国大会の結果

中学1年6組 日浦貫人君が2011年12月11日(日)に行われた「毎日パソコン・コンクール全国大会」に出場し、「フラッシュ暗算」日本一の栄誉を獲得し、文部科学大臣賞を受賞しました。

※三ケタの数字15口(15個)を2.6秒で計算して優勝

第10回鳳凰杯全国中学校英語スピーチコンテストの結果

2011年12月10日(土)に立命館宇治中学高等学校にて行なわれた、「第10回鳳凰杯全国中学校英語スピーチコンテスト」において、1年4組川田遥さんが、応募393名の中から優秀賞(準優勝に相当)を受賞しましたのでお知らせ致します。中学1年生とは思えない、落ち着いた態度での立派な発表でした。