高校 千葉県総合体育大会 第10地区予選の結果報告

527() ・28()に行われた「千葉県総合体育大会 第10地区予選」の結果をお知らせします。

 

月27日(土)

  男子 1回戦  市川 70 - 56 千葉商大
  女子 1回戦  市川 49 - 78 不二女子

5月28日(
  男子 2回戦  市川 63 - 71 国分

男子の試合は、最後の残り3分まで同点でシーソーゲームを繰り返していました。その後、3年の田山の3Pシュートが決まり、3点差勝ち越しで最終局面を迎えたのですが、“3点を守る”という少し消極的なプレイが目立ち守りに転じた結果、最終的には、8点差をつけられて負けてしまいました。キャプテンの浅見についていた国分のディフェンダー2人に足をつるなどの負傷がでるくらいキャプテンの浅見は奮闘していました。

ご声援ありがとうございました。

 

高校男子バスケットボール部 千葉県高等学校総合体育大会の結果報告

6月11日,12日に行われた平成28年度千葉県高等学校総合体育大会の結果報告を致します。

今回も前回の県大会同様の対戦相手で戦ってきました。総体は出場校も増えて、厳しい戦いになりました。

2回戦シード 市川 (第10地区3位通過校) 73 -  65 長  狭 (第2地区 1位通過校)
3回戦    市川             52 - 115 日体大柏 (前大会 千葉県2位)

結果ベスト32  (昨年は初戦敗退)

1回戦は、長狭高校の調子が良く、どうにか市川が差をつけられないように追う展開でした。第2ピリオド共に1点差で負けての後半、キャプテンの阿部・高2の高橋の活躍により、逆転し徐々に点差を広げていきました。最終ピリオドでも4点差まで追いつかれましたが、シューターの長島の3ポイントが流れを引き戻し、最後8点差をつけて逃げ切りました。

2回戦は、前回同様2m越えの選手を投入された試合でした。前回は1ピリオドだけで35点もつけられてしまったのですが、今回は10点にまで抑え、また、前半は留学生を出させ続けるなど大健闘しました。(前回は前半20分のうち8分ほどで下げられました。)後半は、市川の動きが良かったこともあり、留学生が下がっても前回とは違って2軍にしないで、日体は1軍を出し続けてくれました。そのせいで大差で負けてしまいましたが、本人達もやりきった顔をしていました。

ご声援ありがとうございました。

高校バスケット 関東高等学校バスケットボール千葉県予選会 試合結果

5月13日に関東高等学校バスケットボール千葉県予選会が行われました。

試合結果

 

1回戦  市川(10地区3位通過校)   82  -  56   長狭 (2地区 1位通過校)

2回戦  市川             52  -  89   日体大柏 (前大会 千葉県2)

 結果:ベスト32

ご声援有り難うございました。

関東大会地区予選

女子

55 行徳 ― 市川 86  勝ち
115 国分 ― 市川 42  負け

敗者戦
45 和洋国府台 ― 市川 87  勝ち
77 東海大浦安 ― 市川 51  負け
→敗者戦ベスト4

5月末の総体地区予選で県大会初出場を目指します。可能性あります。

 男子

国分 41―94 市川  勝ち
日出学園 28―106 市川  勝ち
準決勝 学館浦安(25-12-9-6)52―86(21-27-14-24)市川  勝ち
決勝 国府台(23-21-15-18)77―76(8-17-22-29)市川  惜敗
→地区準優勝(第2代表として県大会出場)

決勝戦では、前日の試合で3pシュートを10本近く決めた青木君が徹底的にマークされ、調子が出ず19点も負けて前半を折り返しました。後半は他のメンバーや青木君が奮起して上記スコアのように巻き返し、試合終了9秒前についに1点逆転しました。しかし、その3秒後にファールをしてしまい…、相手のフリースローが2本とも入り(+2点)試合終了。選手も応援の保護者も女子部員もみんな悔し涙を流しました。県大会でもしっかり戦ってきます。ベスト16以上目指します。

平成24年度新人戦の結果

高校男子バスケ部の新人戦の結果報告です。

地区大会
1回戦 千葉商大付 71対97 勝ち
2回戦 国府台   61対48 負け → 敗者戦へ
3回戦 市川南   61対89 勝ち
4回戦 市川工業  32対94 勝ち
5回戦 市川東   56対60 敗者戦優勝
6回戦 第4シード決定戦 国府台 45対78 → リベンジ成功 県大会決定(第10地区4位)

県大会
1回戦 県千葉(第7地区1位) 60対86 勝ち
2回戦 東海大望洋(第5地区1位に勝った第1地区3位) 59対85 勝ち
3回戦 東京学館浦安(同地区3位) 91対53 負け

結果、千葉県ベスト16(5年ぶり)でした。

「市川」のバスケは「まぁまぁ強い」と周囲に自慢してください。あと一つ勝つとシード権が得られ、関東大会が見えてくるのですが、ベスト8の壁はかなり大きいことを実感しました。

大会結果報告(中学)

2012年7月21日から24日まで行なわれました市川市・浦安市中学校総合体育大会(バスケットボール競技)において地区3位【ベスト4】となりました。

1回戦
対市川七(70-46)

2回戦
対市川二(58-48)・・・相手はシード校でした。試合時間残り二分まで1ゴール差のシーソーゲームでしたが中3メンバーの活躍で振り切ることができました。

3回戦
対下貝塚(75-68)・・・相手校とは冬の大会で惜敗しています。部員達はリベンジに燃えていました! 終盤追いつかれる展開となりましたが、振り切ることができました。この結果、部としては実に6年ぶりのベスト4に進出することができました。

決勝リーグ(県大会出場校決定戦)

県大会に出場できるチームは2校。その2枠にチャレンジする権利を得たのが市川四、富岡、塩浜、市川の4校でした。どの相手とも接戦に持ち込みましたが、小学校時代からのバスケットボール経験者が多数在籍している相手に引き離されてしまいました。

対市川四(61-67) 対富岡(54-71) 対塩浜(60-74)

県大会には出場することができませんでしたが、地区の顧問の先生方からもねぎらいのお言葉を多数頂き、生徒達も達成感を味わうことができたのではないかと思います。

中学入学時、バスケットボールのルールさえ知らない生徒達が二年半かけて地区ベスト4まで勝ち上がることができました。練習試合、公式戦で負けると人目をはばからずに悔し涙をたくさん流していました。自分のできることを考え、時には裏方に周りチームをサポートしてくれたり、”次こそは!”と自主的に自宅周辺の公園で(バスケットのゴールが設置されている)シューティングをしたり、高校生に練習相手になってもらったり・・・。中学三年生は”努力は裏切らない”ということを証明し、”自己犠牲の姿”をみせてくれた学年だと思っています。

本日より新チームで練習をスタートします。引き続き、バスケットを通して人間教育をしていきたいと思います。

地区新春大会の結果

中学男子バスケットボール部より2012年1月22日(日)に行われた「地区新春大会」の結果について報告します。

1回戦 対下貝塚中 65-68 で負け

我慢の時間帯が多く、終始2点~6点差の中でゲームが進みました。リードし、追いつかれ、追いつきのシーソーゲームでしたが最後は振り切られてしまいました。

大会結果(中学男子)

2011年9月25日

昨年12月の1年生大会では現中2のメンバーで戦い、富岡中には70点差で大敗したため、今大会はリベンジに燃えていましたが、富岡中(61-51)市川 で負けてしまいました。

しかしながら、成長の手応えを感じた大会でした。

中学校総合体育大会の結果

2011/7/21(木)に行われました総合体育大会の結果報告です。

< 1回戦 >
対 東国分中 ○ (67 – 42)
ベンチメンバー全員に出場機会を与えることができました。2年生は良い経験ができたと思います。

< 2回戦 >
対 堀江中 ● (64 – 56)
シード校相手に試合終盤までシーソーゲームを展開しました。選手達(特に3年生)の気持ちの強さをみることができたと思います。悔しい敗戦でした。

3年生にとって中学最後の大会でした。悔し涙を流した生徒も多数みられました。それは本気で取り組んだ証だと思います。バスケットを通じて学んだことを今後の生活に生かしていってもらいたいと思っています。

高校総体地区予選の結果

2011年6月4日(土)、5日(日)に高校総体地区予選が行われました。

<女子>

一回戦 市川 62-68 国府台女子

惜しくも一回戦で敗れてしまいました。

<男子>

一回戦 市川 110-50 市川昴

終始ゲームを支配し、大勝しました。

二回戦 市川 61-57 国分

前半に15点ほどリードしたのですが、後半に相手の気迫・応援に圧倒されてしまい、一時逆転されましたが、驚異的な粘りで見事勝利しました。

これにより、現高3生にとっては初の県大会出場が決まりました。今後も精進して参りたいと思います。