教育目標

はじめに

幼稚園に入園する前の3年間ないし4年間、ご家庭で愛情深く育てられたお子さんを、初めての集団生活=社会生活となる幼稚園でお預かりする責任を重く受け止め日々の保育を行っております。

お子さんが一番機嫌の良い時間帯に幼稚園でお預かりし、お子さんとともに過ごせる幸せを噛み締めつつ、市川学園の3本柱のひとつであります独自無双の人間観、一人一人掛け替えのない人間であるということを大切に、心身ともに健康で、心やさしく、心豊かに、自分で考えて行動できるような子どもにお育てしたいと考えております。

イメージ イメージ

  1. 元気よく頑張ろう(心も体も健康な子ども)
  2. 仲良く楽しもう(他人を思いやることができる優しい心)
  3. 工夫し考えよう(工夫し、考え、創り出していく力)
  4. 豊かに感じよう(心と体で豊かに感じることができる子ども)

1.元気で頑張ろう

健康で明るく意欲的に活動のできる子ども、最後までやりぬく力のある子どもに育てたい。

楽しく安心して園生活を送るためには、まず心身共に健康であることです。子ども達が幼稚園に入ると、たくさんの新しいことに出会います。

新しい環境の中でも、家庭にいる時と同じように安心して元気に園生活を送ることができるようにしていくことが、幼稚園生活のはじめの課題です。私達教職員は、母となり、友となり、子どもの心の動きに常にアンテナを張って思いを受け止め、心の安定をはかっていきます。

体が健康であるためには、よく運動し、よく食べ、基本的な生活習慣を整えていくことです。

戸外で十分体を使って遊び、皆で楽しく食事をし、手洗い、うがい、排泄、休息、安全面など、子ども達が元気な体を維持するために必要な事を一つ一つ伝え、やがて自ら気がついて、健康や安全を守っていく力を養います。

心が安定し、体が健康である子ども達は活力に満ちて、様々なことに積極的に取り組んでいくようになります。

2.仲良く楽しもう

思いやりをもって友達と仲良く活動し、友達関係を広げ、社会性を育てたい。

幼稚園という集団の中に入った子ども達は、自分と同年齢あるいは、近い年齢の多くの仲間に出会います。そして、子ども達同士の関わりの中で、家庭では出来ないたくさんの経験をすることになります。自分とは違う友達の存在に気づき、自分とは違った考えがあることを知り、相手の気持ちを読み取ること、その一方で、自分の思いを伝え表現しながら、相手に理解してもらうことは、やがて人間社会の中で他の人と交わっていくための大切な学びとなっていきます。

幼稚園では、良いこと、悪いこと、自分がされていやな事はお友達には絶対してはいけないことなどを伝えながら、時には、子ども達の思いを伝えるお手伝いをし、相手の思いに気づかせるように働きかけます。

また、年少児は年長児の姿を見て憧れを持ち、良いところを模倣し、年中児や年長児は年少児に接する中で、優しさや思いやりの心が育つよう、異年齢児との交流も大切にしています。

3.工夫して考えよう

自主性を持って活動に取り組み、創造性を存分に発揮し、自立出来るように育てたい。

子ども達は、あれも知りたい、これも知りたいと好奇心の固まりです。そんな子ども達の好奇心を無視して大人が頭から知識を教え込み結果だけを知らせてしまっては、考える力は育たず次第に受身の人間になってしまいます。

やがて成長し自発的に物事に取り組んでいくために、いろいろな課題に取り組み、実際に直接体験することを大切にしながら、自ら工夫し、考え、造り出していく時間と場を十分に与えたいと思います。

自ら生み出した新しい発見や創造の喜びは、学ぼうとする意欲、探求しようとする力につながっていきます。

4.豊かに感じよう

美しいもの(自然・音楽・絵本・物語 等)にたくさん触れ、感動する心を養い、感性を育てたい。

幼稚園では、いろいろな体験をします。見たり、聞いたり、触れたりと五感を使って体で感じ取ることができるようにしています。

自然に触れ、季節の移り変わりを感じること、発表会で遊戯や劇などを表現したり、歌を歌ったり、演奏したりすること、絵を描いたり、物を作ったりすること、心が動かされるようなお話や優れた絵本との出会い等を通して、心豊かに感じることが出来る子どもに育てたいと考えています。

イメージ