あゆみ・教育方針・教育目標

あゆみ

市川学園八千代台幼稚園は、昭和33年4月千葉県より許可・設立された市内で最も歴史と伝統のある幼稚園です。本園は、市川学園創立者、古賀米吉先生の人生観・教育観を基本理念とし、市川中学・高校の付属幼稚園として一貫教育をしております。

保育方針

『よくみれば・・・・』の理念のもと、園児一人一人に目を行き届かせて、小規模(定員100名)ならではの’面倒見の良い’安心感が持てる保育を行っています。

緑の木に囲まれ、あたたかいぬくもりを感じさせる清潔な木造の園舎、少数人数 ゆえ先生全員が園児一人のお名前やお顔等を熟知しています。また保護者のお母様は毎日、直接先生と何でもお話できるメリットがあり、家庭的な温かい雰囲気に包まれた保育を行っています。

全天候型ウォークトップ方式の園庭、そして隣接の公園。園児たちは力いっぱい走り、跳びまわり、仲良くお友達と遊びます。私たち教師は丈夫な身体、逞しい精神、優しい心を育てる保育を行っています。

市川学園八千代台幼稚園イメージポスター

八千代台駅から徒歩5分以内の至近距離に位置し、近隣だけでなく八千代市外(千葉市、習志野市等)からも園児が通っています。

預かり保育も早朝及び長期休業時も実施しており、卒園後も3月31日までご利用いただけます。お仕事のある保護者も安心して預けられる体制をとっております。

保育内容

年間の指導カリキュラムに沿った保育活動を実施しています。自分たちの好きな遊びを存分に取り入れる自由遊び(年長・年中・年少児の交流)と、クラスのお友達と一緒に行う一斉活動の両方を取り入れて保育を行っております。