175.勉学の究極の目的 ・・・初めての放送による卒業式挨拶

2020.04.01
市川学園理事長・学園長 古賀正一

新型コロナウイルス感染拡大の中、2月中旬より行事・イベントを控えつつ、教育の維持、卒業式の検討、3月からの休校の準備をしてまいりましたが、奇しくも2月27日夜安倍首相の学校休校等の要請会見があり、直ちに28日休校を決定し、同日午後から3月23日までの休校(授業、部活、全ての集会行事中止、学年末考査中止)としました。

3月4日第72回高校卒業式は、生徒のみ参加で全体での式典は行わずホームルームでの卒業証書授与とし、式は一斉放送で、理事長祝辞、校長式辞、表彰者生徒紹介と簡素なものとしました。また、24日の中学卒業式(修了式)は画像を各ホームルームへリアルタイムで配信し、担任からの卒業証書授与等、高校と同様形式で行いました。

休校期間中は、教職員は、時差出勤、在宅勤務等を取り入れた新しい勤務制度を実施しました。24日の放送による終業式後、25日から4月6日までの休業期間も集会行事・イベント、部活は全て中止としました。

教職員は、4月1日から通常勤務とし、新人研修、新学期準備等を感染防止対策に十分に留意して行います。(3つの密、即ち密閉、密集、密接を避け、且つ体温測定、マスク装着などの健康管理を重視します。)

放送による高校卒業式の挨拶では、数分の要旨のみを話しましたが、以下は卒業生に配布した全文です。

第72回市川高等学校卒業証書授与式理事長式辞(3月4日)

427名の第72回市川高等学校卒業生諸君、心をこめて卒業おめでとう。

卒業はコメンスメント、新しいはじまりです。保護者の皆様、ご子息ご息女は心身ともに逞しく成長され、立派に卒業されます。心からお祝いを申し上げます。いま国難とも言える新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、皆が協力すべき時で有り、残念ですが、このようなかたちの卒業式になったことをご理解ください。

さて卒業生諸君、諸君は学園生活で学び、友情を育み、青春の思い出を紡ぎ、人間として大きく成長したと思います。『和して同ぜず』、人との比較でなく、自分の得意を存分に生かし、我が道を切り開いてください。

諸君はそれぞれ異なる特長をもった素晴らしい存在なのです。これからは自分で選択をしなければならないことが多いと思います。大学の専門分野、研究課題、就職、就職先の仕事、結婚など、情報を集め相談することは大切ですが、最後は自分で選ぶ判断力と自分で決める自己決定力が大切になります。

今、世界は自国第一主義とポピュリズムが拡大し、争いの絶えない極めて不安定・不確実な時代です。3つの時代認識を持ちたい。

第一はグローバル化の更なる進展です。リアルの世界とネットの世界に、新しいビジネスやライフスタイルがグローバルに拡大する中、過去に全くなかった課題が出ています。GAFAのような巨大企業の独占支配、仮想通貨、サイバーテロ、遺伝子操作など一例です。さらに実体経済と金融経済、地球環境と食料・エネルギー問題、格差と貧困など、一国では解決できないグローバルな課題が増大しています。国際的視野と深い洞察力を磨かねばなりません。

第二は急速な技術革新と人間の問題です。第4次産業革命またはSociety5.0といわれる中、AI、IoT、ロボット、再生医療などあらゆる技術が日進月歩です。新しく人間が生み出したこれらの技術や人工物をいかに正しく制御し有益に使い、人類の幸福に結びつけるか、知恵と想像力が大切です。思いやり、感動、深い洞察など、人間にしか出来ないことが益々重要になるでしょう。

第三は人生100年時代の生き方の問題です。いま日本は超高齢社会のトップに立ち、2050年には人口が1億人となり、65才以上が38%を超える人口構造になります。65才まで働き、あとは老後を楽しむ人生計画は困難になります。諸君は、多様な働き方、学び直し、今までない仕事への挑戦など、人生を2毛作、3毛作で生きる知恵とスキルが必要となります。このとき学園の第三教育が重要なのです。また人生いかに生きるか、よく生きるとは何か、幸福とは何かを常に自ら問う姿勢も大切です。幸福は、物質的金銭的充足だけでなく、精神的充足、心の持ち方こそが大切なのです。

19世紀の英国の哲学者ジョン・スチュアート・ミルの言葉は、諸君の学びに重要です。即ち『勉学の目指す究極の目的は、人間と人間社会が変化する過程で生じる日々の新たな問題に対処しうる能力を、高めることである』といっています。まさに新しい課題に挑戦する能力が大切なのです。今大学は理系、文系と分かれていますが、データサイエンス・AIの基本的知識、基礎数学と統計学、哲学・歴史・倫理学等は、理系・文系を問わず不可欠なのです。新しい研究や新規の事業は既存の学問領域の境界や異なる業種の協力・協業の中にあります。広い教養と深い専門性、チャレンジ精神が必要となります。学園がリベラルアーツ教育に注力する所以です。勿論人間としての道徳、倫理観をしっかり持つことは紳士淑女の基本です。

最後に諸君はご両親はじめ先生方やお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れないでほしい。人間はひとりでは決して生きられない、自然や他の生きもの、多くの人のお蔭で生かされているのです。天台宗の始祖伝教大師最澄は、『径寸十枚これ国宝にあらず、一隅を照らす即ち国宝なり』と言っています。諸君がそれぞれの場で『一隅を照らす人』として活躍する未来を期待し、私のお祝いの挨拶とします。

これまでのメッセージ:message-menu