國枝 宏安先生:元ユニデン社長・本学園理事

『小さな努力の継続で世界に羽ばたけ~わが履歴~ 』

 

主な講義内容の紹介

今回の講義は、国枝先生の経歴を話していただきました。国枝先生は、昭和30年に市川高校を卒業し、立教大学経済学部を卒業後、アメリカへ留学(オハイオ州マイアミ大学で修学)、その後、朝日通商株式会社へ入社し、ユニデン株式会社代表取締役社長、理想科学工業株式会社専務取締役を歴任され、現在、株式会社シーネット顧問の要職のかたわら本校の理事をしていらっしゃいます。

卒業生でもある国枝先生が入学前より古賀理事長と親友だったことや、市川学園在学中の陸上部・野球部での活躍、英語の音読を7年間欠かさずに継続したことや幼い頃の戦争体験、食事と運動を心がけて健康に留意すること、常に前向きに努力して決めたことを継続することの大切さなど、生徒たちに分かりやすく話して下さいました。私たちは、国枝記念国際ホールを寄付して下さったことに深く感謝し、これからも大切に利用させていただきたいと思います。

生徒や保護者の主な質問・感想

○ 人生においての努力の大切さを改めて知りました。そして、多くの人との出会いを大切にすること、無理せずのびのびと人生を楽しむことの大切さにとても感動しました。今考えてみると、私も努力して得られた物は、たくさんあります。人生についてのアドバイスをありがとうございました。(中1)

○ 講座を聞いて、いつも何気なく使っているホールが、国枝さんのすごい努力の末に出来たという事が分かり、改めて国枝さんに感謝の気持ちが湧きました。また、小さな努力の継続の大切さなどいろいろと為になる話が聞けて良かったです(中2)。

○ 国枝さんが意外と「がり勉」の部類ではなくて驚いた。やっぱり「ちりも積もれば山となる」だと思った。小さなコトでも何か続けようと思った。部活、絶対最後まで続けてやる!(中3)

○ 国枝先生は、英語の音読、朝のストレッチ、日記など毎日続けていることがあってすごいなあと思いました。日頃の小さな努力の継続が大切なのが分かりました。また、小学校から古賀先生とは友達だと聞き、私も今の友達を大切にし、大人になっても交流が出来たらいいなあと思います。また、先生は様々な場所で様々な体験をしていて、すごいなと思いました。私も将来たくさんの経験をして立派な大人になりたいと思います。私たちはこの国枝記念国際ホールをよく利用させてもらっているので、建設のために寄付して下さった国枝先生のお話を聞くことができて良かったです。(高1)

○ 私は、いつも飽きっぽい三日坊主なので、国枝先生のように、7年間も何かを続けてやり通すということに自信がありません。でも、今回の講座を受けて物事を継続してやっていくこと、小さなことを積み重ねることの大切さを知りました。まずは日記から書いてみたいと思いました。今回の講座でとても大きな教訓を得たように思います。(高2)