合原 一幸先生:東京大学生産技術研究所教授

『 数学で世界を理解する 』

合原先生の主な経歴の紹介

1954年生まれ、福岡県出身、習志野市在住。1973年ラサール高校卒、1977年東京大学工学部電気工学科卒、1982年同大学大学院電子工学博士課程修了。東京電機大学工学部助教授、西オーストラリア大学理学部数学科客員教授、北海道大学電子科学研究所客員助教授、東京大学大学院工学系研究科教授、放送大学客員教授などを経て、現在東京大学生産技術研究所教授、東京大学大学院情報理工学系研究科教授(兼任)、東京大学大学院工学系研究科教授(兼任)、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授(兼任)、内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)「合原最先端数理モデルプロジェクト」中心研究者。

編著書に『脳はここまで解明された -内なる宇宙の神秘に挑む』(ウェッジ/2004)、『爆笑問題のニッポンの教養 脳を創る男 カオス工学』爆笑問題のニッポンの教養 27(講談社/2008)、『社会を変える驚きの数学』(ウェッジ/2008)などがある

主な講義内容の紹介

数学の世界の中だけでロジックを深く掘り下げることを目的とし、現実の世界とはダイレクトに関係しない「純粋数学」に対し、「数理工学」は、脳神経などの生命現象、経済、教育から風のゆらぎまで、現実の諸問題を数理モデル化して、解決の道筋を示す学問です。

本日ご講演いただいた合原先生は、その「数理工学」の第一人者。本講座でも、本格的な「数理工学の世界」を、さまざまな映像や数式を用いながら、わかりやすく説明してくださいました。研究データから得られたパターンを模様にデザインしたエレガントなドレス(東京コレクションに出展されたそうです)や、「数理工学」の立場から開発に関わった食器洗浄機などなど…。いずれも興味深いお話ばかりで、特に、先生がNHK「爆問学問」に出演なさった際の映像では、爆笑問題の二人とのやりとりに会場からも大きな笑いがおこっていました。

現在、習志野市谷津に在住の合原先生は谷津の自然の中を散策しながら、思索にふけることも多いそうです。市川学園の皆さんも、そんな合原先生をお見かけすることがあるかもしれませんね。

講座の際にも紹介された、『爆笑問題のニッポンの教養 脳を創る男 カオス工学』は、第三教育センターにも置いてありますので、是非手にとってみてください。

生徒や保護者の主な質問・感想

○ 「夢は知らない間に叶っていた」という言葉は、とても印象に残っています。すごく難しかったけれど、本物の大学の授業を受けているようで、楽しかったです。数学で、経済や病気のことも分かるなんて、数学ってすごい、と素直に思いました。「爆問学問」にでていたなんて、すごいと思いました。(中1)

○ 自分の脳は自分が想像しないほど、変なことになっているということを知り、驚きました。この講座を受けて良いものを得たと思います。数学の世界はとても広いものだと感じました。(中1)

○ 数学は自分が思っていたよりも、世の中の役に立っているので驚いた。数理工学によって、インフルエンザで死ぬ人の数を減らしたりすることができるなど、自分が考えてもいなかった問題を解決できるのはすごい。数学は世の中の役に立たないと思ったけど、意外と必要性があるので、よく勉強しようと思った。(中1)

○ 複雑な自然現象もきれいな数式で表すことができることから、数理工学は生活に密接に関わっていることがわかった。自分もこの道を目指したい。(中2)

○ これから数学オリンピックを受ける上で役に立ちました。ありがとうございました。(中2)

○ 中学生にも理解できることが多く、「脳を数理的に表す」ことが、今後の数学の世界の課題であり、非常に期待できるものだということもわかりました。1時間半の講座があっという間でした。(中2)

○ すごくわかりやすくて面白かったです。自分の体験や身近なものやいろいろな例などで、難しい数学を教えてくださったので、聞いていてすごく楽しかったです。自分にはまだまだ難しくて分からない数式などもいっぱいありましたが、数学に興味をもつことができました。(中3)

○ 脳や神経のはたらき方が、未だにパターンなどが解明できない理由というか、その複雑さがなんとなくわかった気がします。数学は大人になると身の回りでは使われないことのほうが多い、と思っていましたが、食器洗浄器など、意外と自分の生活に直結してくるようなものにまで関わっていて驚きました。(高1)

○ カオスというものは、日常生活とは程遠いものだと思っていたが、皿洗い機など意外と身近なものに使われていて驚いた。(高3)

○ とても面白かったです。身近な具体例がいろいろ盛り込まれ、難しい内容なのにわかりやすい説明でした。数学がこんなに世界中のさまざまな分野で応用されていることもわかり、すばらしいと思いました。学問が世の中にどのように役に立っているのかということを、子供のころに知ることは大変重要だと思いました。(中1保護者)

○ 先生が研究を楽しまれていることが、良く伝わってきました。正直なところ、話の内容は非常に難解で、数学的なモデルに落とし込んだものが、正しく世の中の事象を説明できるかの証明に至るまで、かなりの試行錯誤や運が必要なものを感じました。「数学」「脳」に関する書籍が多く出ており、旬の研究だと思います。脚光を集めることで更なる成果が得られることを楽しみにしています。(中1保護者)