過去のNZ通信 2005度(2006/3/17)

2005年度(2006/3/11~3/26)

NZ通信(ダニーデン通信)


DUNEDIN通信【3月17日(金)】

天候曇り、またちょっと肌寒く感じます。でもこちらの人の中には半袖で歩いている人も何人かいます。寒くないのでしょうか?

本日、John McGlashan Collegeは運動会です。
昨日午後初めて聞かされてびっくりしました。(前から言われていたのに理解できていなかっただけかも!?)

こちらの運動会は、校内を4つのチーム(全てのチームに学校の建物の名前がつけられています。)に分けて争います。
競技は全て陸上競技です。100m走、200m走、400m走、800m走、砲丸投げ、円盤投げ、やり投げ、幅跳び、高跳び、リレーの10種目で、生徒はリレーを除く9種目から3種目以上を選び競技に参加します。
ちょっと変わっているのが、チーム対抗戦であるにもかかわらず、100m走、200m走、400m走、800m走は各レースとも同じチームの人と走り1位5点、2位4点と点数をつけます。
タイムは計っていません。
また、投擲競技、跳躍競技は、何m~何mは・・・点と決めて得点をつけていました。

Team市川は午前中は語学の授業を受けて、午後からの参加です。
市川の生徒は陸上競技と聞かされたときは、『え~~~!』とかなりいやな顔をしています。
喜んでいるのはどうも私一人(陸上部顧問)のようです。でもリレーに参加する人を募ったところ、『せっかく来たんだから、参加しようぜ!』とみんなで声を掛け合って参加することになりました。

13:00にグランドへ行くと、400m、200m、100mChampionshipの順で行われました。Championshipには市川は参加できません。そのあとの自由参加の競技に参加させていただきました。
まずは、100m市川の足自慢たちも頑張っていました。
400mでは、日頃走るのが嫌いな子も『え~い、やっちぇ!』と自分に活を入れて走っていました。
ここで、生徒に誘われ走ったのは大きな間違いでした。走り終わったあと1時間くらい酸欠でダウンとてもきつかったです。
最後にリレーに参加、John McGlashanの生徒は早い、Team市川は全く歯が立たず惨敗でした。

競技をすべて終わってみると、始めいやな顔をしていた生徒たちも積極的に参加し楽しんでいました。でも私の老体には本当にきつかったです。
明日から週末に入ります。土、日、月(祝日)の3日間はホストファミリーとの生活となります。すてきな週末を!!
すみませんが、週末は生徒が学校に来ないためDUNEDIN通信はお休みさせていただきます。

上田 鉄晴

--------------------------------------------------

3月13日(月)晴れ  4年7組 増 子 進太郎

今日は7時にシェラ(ステイ先のお母さん)に起してもらった。さすがに昨日の疲れが残っていて自分では起きられなかった。そして、朝ごはんを食べた。メニューはパンの上に卵をのっけたものだった。そして、シブ(バディ)とカミール(シブの姉)とシブの友たちと一緒に車に乗って、シェラに学校まで送ってもらった。

学校についてからは、まず先生の紹介があった。みんなとてもいい人達だった。そして、簡単なテストをしました。明日結果が出るけど、正直自信ないです・・・。そして気をとりなおして、英会話の授業を受けた。やっぱり、書くことより話すことのほうが大切だととても×20思った。
午前中に授業が終わると、ウェルカムパーティーがあった。ちょっと緊張した。昼ごはんは、学校の中庭で、バディと一緒に食べた。みんなもバディと仲良くしていたから良かったと思う。
午後は市内観光に出かけた。日本語のとてもうまいジョンマグラシャンカレッジの生徒も一緒に来た。彼はとても面白かった。
観光のほうは、まず、世界一の急な坂に行った。「たいしたことないだろう」って思っていて、実際見たらとても×30驚いた。みんなで下から競争したけれど途中で疲れてギブアップした。あれは登らないとわからない・・・。本当にキツかった。でも上からの眺めは最高!!!だった。
次にオタゴ大学へ行った。移動中のバスの眺めもとてもきれいだった。オタゴ大学に着くと、少し見学した。とても建物がきれいだった。大学生達が川のほとりでゆっくりと休んでいた。「日本にはない光景だなぁ」と思った。
最後に海へ行った。とってもきれいだった。東京湾が比べものにならないくらいきれいだった。現地の人たちがサーフィンをしていた。そういえば、今週末にサーフィンをするらしい。できるかとても不安だなぁ・・・。

学校から帰ると、スポーツセンターへ行った。偶然にも伊藤と会った。2人のときも結構英語で話していたから偉いと思う。シブはテニススクールに通っていて、「それを見てアドバイスしてあげた。スポーツセンターから帰ってからは、シブと一緒にギターを弾いた。シブは超うまかったけど、ほくは・・・。やったことがないから下手だった。でも少し練習すると結構弾けるようになりました!そして夕食をたべた。今晩はスパゲッティーだった。とてもおいしかった!!そして、しばらく談話して今から寝ます・・・。

--------------------------------------------------

3月13日(月)晴れ  4年2組 塚 田 健太郎

今日は初めての英語研修だった。最初の日ということまずテストをやった。それはグループを分けるためのテストだったが軽い気持ちで受けた。その後授業が始まり、いつも学校で英会話の授業でやっているようなことをやった(2時間弱)。 
それでこのホームステイに来ている市川の友達と仲良くなることもできたので良かった。 でもいつもと違うことは絶対日本語を話してはいけないということだった。そのあとJohn McGlashan collegeの生徒たちが出迎えて式をやった。
なんか先生の話が大統領の演説みたいでした(笑)。それが終わったあとにウェルカムランチでたくさんの食べ物(フルーツ・サンドイッチ・ケーキ)を昼食として食べさせてもらった。おいしかったです。

午後は市内観光でした。まず世界一急な坂道(ギネスブックにも載っている)へ行った。とても驚きました!!写真で見た感じよりメチャメチャ急で走ったらもう足がパンパンだった。そんな急な道を車で飛ばして走っていくのも見られて楽しかった。下るときもちょっとこけたらもうそのまま下まで転がって行っちゃいそうな勢いでいした。
その次にニュージーランドの大きな都市に1つはあると云われる1つのオタゴ大学を見学しに行きました。日本の大学もろくにどんな様子か知らなかったので楽しかった。みんなせっせと歩いていたが、大学内は穏やかだった。
その次に町の中心のオクタゴンをバスで移動しビーチに着き、そこで海の風を受けた。とても気持ちよかった。そこは波があるのでサーフィンをしている人たちも目立った。そして僕たちはまた学校に戻ってきました。今日一日とても楽しかった!!