SSH海外研修交流

 タイ王国 プリンセス・チュラボン・サイエンスハイスクール チョンブリ校 (PCSHSC) 来日

日 程

2019.09.18(水) タイ→成田
2019.09.19(木) 市川学園(授業参加)
2019.09.20(金) 東京大学、千葉大学
2019.09.21(土) 日本科学未来館
2019.09.22(日) 成田→タイ

来校者

生徒10名 + 引率教員2名

スケジュール

Day 1: 18th September (Wed)
15:45     Arrive Narita Airport(TG 676)
18:21     Meeting Host Family (Keisei-Yawata station)
(Student)            Spend at host family’s house
(Teacher)             Welcome Dinner with ICHIKAWA Teachers after check in Hotel

Day 2: 19th September (Thu)
(Students)           Breakfast at Host Family  Go to school with Host student
(Teachers)           06:50 Leave for school  07:10 Arrive at school and take Breakfast
08:00     Teacher’s morning assembly (Teacher)
08:20     Students Join Home Room at Buddy student class
08:35-09:25         1st period           Students take the same class as a buddy
09:35-10:25         2nd period           Physics lesson in the topic of “Windmill Challenge”
ああああああああああああああああああああby Mrs. Phensuda  Mangkorn
ああああああああああああああああああああPCSHSC students get into support
10:35-11:25         3rd period           English class
11:35-12:25         4th period           Biology lesson in the topic of “The Miracle of Genetic Material”
ああああああああああああああああああby Mr. Panupong Kampanit
ああああああああああああああああああPCSHSC students get into support
12:35-13:05         Lunch and Break (Lunch Box)
13:10-14:00         5th period           Preparation for Presentation
14:10-15:00         6th period           Presentation by Thai students Introduction of Thailand &
ああああああああああああああああああああああああPCSHSC Poster session (5 science project)
15:00-                  After school
(Students)           Go back to Host Family
(Teachers)           Go back to Hotel

Day 3: 20th September (Fri)
(Students)         Breakfast at Host Family
(Teachers)           07:30 Breakfast     08:30 Leave the Hotel
09:30     Join with Students and Teachers at Kashiwanoha-Campus station.
10:00     Arrive at The University of Tokyo
あああああああああ*Study about fish behavior
あああああああああ*Lunch at Canteen
13:00     Departure from The University of Tokyo
13:30     Arrive at Chiba University
あああああああああ*Plant factory tour
14:30     Departure from Chiba University
(Students)           Go back to Host Family
(Teachers)           Go back to Hotel

Day 4:21st September (Sat)
(Students)           Breakfast at Host Family    Leave for each time
(Teachers)           07:30 Breakfast  08:10 Departure from Hotel
10:00     Join with Students and Teachers at Miraikan – The National Museum of Emerging
ああああああScience and Innovation
12:00     Lunch (Farewell Lunch)
13:00     Leave for Sight Seeing
18:30     Students arrive at Host Family
18:30     Teachers arrive at Hotel

Day 5: 22nd September (Sun)
07:20     Students and Teachers Gather at Keisei-Yawata station.
07:30     Leave for Airport by train
08:30     Arrive at Narita Airport
10:50     Leave for Suvarnabhumi Airport (TG641)

9月20日(金)東京大学・千葉大学訪問
              (タイ生徒10名+タイ教員2名+本校生徒20名)
09:00 東京大学柏キャンパス図書館
10:00 東京大学大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 動物生殖システム分野
10:00 准教授 尾田正二先生の研究室を訪問 講義とDVD視聴(生命棟講義室)
10:25 屋内メダカ飼育室見学
10:25 遺伝子組み換え(GFP発現)メダカの写真撮影、遺伝子組み換えメダカ作製手順の見学
13:30 葉大学環境健康フィールド科学センター訪問
13:30 薬草園→樹木苗木園→植物工場見学

タイ来日01東大柏は院生のみのキャンパス。
近代的な建物にタイの先生方も驚いていました。
タイ来日02ノーベル物理学賞の梶田先生が所長の宇宙線研究室は1階なら普通に入れます。 タイ来日03宇宙学の権威・村山斉先生のカブリ数物連携研究室。研究者による数式が残されている。
タイ来日04尾田正二先生による講義。
ピストル型レーザーポインターで生徒の心をわしづかみ。
タイ来日05講義はもちろん英語。
たまに日本語が出るとバディの生徒に訳します。
タイ来日06尾田先生の専門はメダカの遺伝子組換え。100機ほどの水槽は圧巻。
a
タイ来日07マイクロインジェクションの実際をみせてもらいました。 タイ来日08光るメダカ胚の顕微鏡写真を各自スマホで撮影しています。 タイ来日09院生よりマイクロインジェクションの説明を受けています。
タイ来日10屋外メダカ飼育施設。
タイ来日11PCSHCのエム先生は英語も堪能でした。 タイ来日12東大柏での全員集合写真。
タイ来日13 千葉大柏キャンパスは薬草園や植物工場などからなります。 タイ来日14作物は研究用以外にも販売されているそうです。 タイ来日15人工光でのレタス栽培。タイでも同様な施設はあるとのことです。
タイ来日16梨をふるまってもらいました。 タイ来日17葡萄もふるまってもらいました。 タイ来日18
千葉大柏での全員集合写真。

 

所 感

  • タイ生徒の大学研修としては初めての場であったが、成功だったといえよう。両大学とも受け入れの先生は、またどうぞと言って下さっており、来年度以降もおすすめである。
  • 東大の尾田先生はSSH 研修の受け入れ経験豊富でこちらも助かった。
  • 千葉大のTA は園芸学研究科M1の増田さんと、タイ出身のミントさん。タイ留学生の存在はPCSHCの先生生徒には大きな安心であったろう。
  • 来日3日目となると、タイの生徒もだいぶ慣れてきていた。日本の生徒も積極的に英語で話しかけ、一緒にフィールドワークできることが嬉しかったようである。
  • 千葉大では研修最後に、キャンパス内で栽培している梨とブドウを頂いた。皆大喜びで、山ほどあった果実があっという間になくなってしまった。