市川学園100冊の本の紹介(平塚らいてう)

平塚らいてう ~女性のみによる文芸誌を日本最初に創刊した人~

                                              吉武 佳一郎

 平塚明(はる)(らいてうの本名)は、明治19(1886)年、高級官僚の父と典医の娘を母として東京で生まれた。幼少時は自由な家庭環境で育ったが、小学校頃から国粋主義的な家庭に転換し、東京女子高等師範学校附属高等女学校(お茶の水高女)に入学させられた。しかし、明はその良妻賢母主義教育に反発し、明治36年、成瀬仁蔵の「女子を人として教育する」方針に感銘して日本女子大学校に入学することにしたが、ここでも日露戦争後は国家主義的傾向が強くなり、明は宗教や哲学の本をむさぼり読んで自我の追究を模索していた。ちょうどその頃、禅の世界を知って禅道場に通い続け、見性(けんしょう)(自己に備わった仏性を磨いて悟りを開くこと)を得ている。また、二松学舎や女子英学塾・成美女子英語学校に通う一方、生田(いくた)長江(ちょうこう)と夏目漱石門下の森田草平主催の「閨秀(けいしゅう)文学会」に参加し、外国文学や日本古典を読みあさるとともに、生田や与謝野晶子らの指導で短歌や小説を書いた。やがて明の処女小説『愛の末日』を絶賛した森田と恋仲になり、1908年、雪の尾頭(おばま)峠へ逃避行する心中未遂事件を起こした。森田はこの「塩原事件」を小説『煤煙(ばいえん)』に書いて流行作家になったが、明はひたすら禅の修業に励み、全明の大姉号をうけている。

 明たちは、1911年春、日本最初の女性文芸誌『青鞜(せいとう)』を創刊した。誌名は当時英国の革新的女性たちがグループを誇示するためにはいた「ブルー・ストッキング」をもじって生田が名づけ、斬新な表紙装画は長沼(高村)智恵子が描いた。明が発刊の辞として書いた「元始、女性は実に太陽であった」は、与謝野晶子の巻頭詩「そぞろごと」とともに、大正デモクラシーでの女性解放のスローガンとなり、大反響を呼んだ。らいてうのペンネームもこの時からで、日本アルプスの雪渓に棲(す)む雷鳥をイメージにして仮名書きにしたものだ。以後明は、『青鞜』の中心として雑誌編集と経営に専念する一方、青鞜社員が「新しい女」と呼ばれて批判や中傷を受けるようになると、1913年、『中央公論』に「私は新しい女である」という一文を寄せて自らを「新しい女」と標榜(ひょうぼう)し、『青鞜』に婦人問題を取り上げることにした。こうして『青鞜』は、女性文芸誌から女性解放誌に進展していった。明はその時、思想家エレン・ケイの自由な結婚による愛の中に女性をおく立場の婦人論を知り、大きな影響を受けている。

 1912年、5歳年下の画学生奥村博(博史)と出会い、女性を無能力者扱いする家族制度の旧民法に反発してあえて入籍せずに共同生活に入ったが、2児を「私生児」とされても怯(ひる)まなかった。恋愛から出産・育児の体験は、社会による母性保護の必要を唱える母性主義に到達し、与謝野晶子や山田わか、山川菊栄と「母性保護論争」を展開した。

 明は、婦人と母と子供の権利を擁護するため、市川房枝と奥むめおの協力を得て、1920年、「新婦人協会」を結成し、女性の政治演説会への参加を禁じた治安警察法第5条の改正や花柳病(性病)にかかった男子の結婚を制限する法律制定の請願運動をおこし、1922年に治安警察法第5条2項の改正に成功した。しかし、その後の青鞜社は停滞し、1923年末、解散した。明は、昭和初期には無政府主義運動にかかわり、高群逸枝らの『婦人戦線』の同人となり、また、クロポトキンの相互扶助の理念に共鳴して消費組合「我等の家」を設立して地域活動を続けた。

 戦後は再び婦人運動や反戦・平和運動に復帰した。「世界連邦建設同盟」に入会し、1950年の講和条約締結を前に米ダレス国務長官に「非武装国日本女性の講和問題についての希望要項」を提出して全面講和を求め、翌年、「再軍備反対婦人委員会」を結成した。1953年には「日本婦人団体連合会」初代会長となり、「国際民主婦人連盟」副会長にも就任した。1955年には「世界平和アピール七人委員会」を結成し、第一回「母親大会」ではシンボル的な存在となった。1960年の安保問題の時には、各界25人の女性と連名で「完全軍縮支持、安保条約廃棄を訴える声明」を発表した。1962年には、野上弥生子らとともに「新日本婦人の会」を結成し、代表世話人になった。またベトナム戦争に対して、1966年、「ベトナム話し合いの会」を結成して「ベトナム侵略戦争をやめさせるための全日本婦人への訴え」を出し、1970年には「ベトナム母と子保健センター」を設立し、市川房枝らと共に安保廃棄のアピールを発表した。

 このように明(平塚らいてう)は、終生、「私はすべての女性と共に潜(ひそ)める天才を確信したい」「女性として生まれ育った我等の幸せを心から喜びたい」と、婦人運動と反戦・平和運動に献身したが、1971年に胆嚢・胆道癌を患って、85歳で死去した。

センター所蔵の「平塚らいてう」関連の本

平塚らいてう『平塚らいてう~わたしの歩いた道~』(『シリーズ・作家の自伝、8巻』)、日本図書センター 910,28-ヒ

近藤富枝「平塚らいてう」(丸山才一他編『風俗は変革する』[『言論は日本を動かす』第10巻]所収)講談社 281-ゲ-10

井手文子『平塚らいてう~近代と神秘~』(『新潮選書』)、新潮社 B・1-ヒ

堀場清子『青鞜の時代~平塚らいてうと新しい女たち~』岩波新書、 367-ホ

大岡昇平・丸岡秀子『平塚らいてうと日本の近代』岩波ブックレットNo,67  

市川学園100冊の本 < 中学   ジャンル:伝記 >          [担当=中田 真人]

「旅 人  湯川秀樹自伝」 湯川 秀樹(ゆかわひでき)著 角川ソフィア文庫

“私は孤独な散歩者だった。一日中、だれとも話をせず専門の論文だけを読んでいた。友達からみれば取っつきの悪い、不愉快な人間であったろうと思う” また、京都大学での講義も、声が低くよく聞き取れず、わかりにくい講義であったらしく、教え子の評判はあんまり良くなかった、と正直に述懐している。

湯川の24・5歳の頃の物理学の世界は、既存の理論の大変化の時代でもあった。その頃、革新的な物理学の先端をきっていた、欧州の研究生活から帰ったばかりの、仁科芳雄博士の「量子力学」講義は湯川にとって、大いなる刺激になった。以後、仁科博士の人柄にもひかれ、その師弟の交わりのなかで、”閉ざされた孤独な心”がほぐれ始めた、とも言う。 著者の27歳の時に発表した論文 「素粒子の相互作用について(中間子の存在を予言)」は14年後に実際に発見され、ノーベル賞授賞へとつながった。生れてから27歳の論文の発表時まで、27年間の生い立ちと、物理学をめざした過程が、家庭の様子、湯川の心の変化などをとおして素直に語られている。祖父・父・母・兄弟・友達との交わり。中学・高校・大学での先生、同期との交流。研究者としての本人の苦心・努力の様子。それぞれの環境での著者の成長過程が、生き生きと語られている。 幼年から青年までの苦悩や悩みを、一人の人間として素直に語っているので、きっと親近感と共感の気持ちが湧いてくるでしょう。

湯川秀樹<1907年~1981年>

理論物理学者 1947年ノーベル賞物理学賞授賞(日本人初の授賞)

中間子理論を予言し、原子核・素粒子物理学の発展に大きく貢献した。1943年(昭和18年)文化勲章も受章。京大の同期には、のちに同じくノーベル物理学賞を授賞した朝永振一郎がいた。