SSHニュース

【SSH】千葉県児童生徒・教職員科学作品展 受賞!

平成29年度「千葉県児童生徒・教職員科学作品展」科学論文の部において、高校生2名が、特別賞を受賞いたしました。

千葉県教育長賞
『化学発光振動反応のラジカル挙動』
(高2) 通岡さん

千葉県高等学校教育研究会理科部会長賞
『アゾ化合物の合成とその酸塩基特性について』
高3 三沢さん

おめでとうございます!

【SSH】高校化学グランドコンテスト 受賞および結果報告

10月28日~29日に、第14回高校化学グランドコンテスト(大阪市立大学、名古屋市立大学、横浜市立大学、読売新聞主催)が名古屋市立大学で開催され、90組のポスター発表と10組の口頭発表が行われました。

名古屋市長賞(2位)・シュプリンガー賞
「H2O2-KSCN-CuSO4-NaOH系での化学発光振動反応-Luminol及びL-012を使った HO2・の挙動の新規検出-」
(高2)通岡さん、(高3)鮫島さん

その結果、シンガポールで1月21日から25日に開催されるInternational Science Youth Forum(ISYF2018)に招待されることが決まりました。

おめでとうございます!

平成29年度 SSH課題研究中間発表会開催についてのご案内

日 時 平成29年11月28日(火)、29日(水)、12月1日(金) 13:10~15:00
会 場 学校法人市川学園 多目的ホール並びに実験室
〒272-0816 千葉県市川市本北方2丁目38-1  TEL:047-339-2681
日 程 13:00~   受付(正面玄関)
13:10~15:00  口頭発表(分野ごとに分かれて実施)
案 内 【2603 市川学園】H29年度SSH課題研究中間発表(ご案内)
※お申し込みは、フォーム、FAX、E-Mailのいずれかでお申し込みください。

submit-or200 

【SSH】「千葉県児童生徒・教職員科学作品展」 受賞

平成29年度「千葉県児童生徒・教職員科学作品展」科学論文の部において高校生2名が、特別賞を受賞いたしました。

千葉県教育長賞
『化学発光振動反応のラジカル挙動』
高校2年 通岡さん

千葉県高等学校教育研究会理科部会長賞
『アゾ化合物の合成とその酸塩基特性について』
高校3年 三沢さん

おめでとうございます!

【SSH】第11回高校生理科研究発表会 受賞および結果報告

双葉電子記念財団研究奨励賞(1件)
Cat health management system utilizing a pressure sensor and an accelerator
(圧力・加速度センサーを利用した猫の健康管理システムの構築)
高校2年  勝間田

English Presentation Award(3件)
・Analysis of the Counter-Rotating Propeller’s Power Generation Efficiency
(コントラペラの発電効率の解析)
高校2年 倉井

・Novel Detection of the Behavior of HO2・in Oscillating Chemiluminescence Reaction in H2O2-KSCN-CuSO4-NaOH Using Luminol and L-
012
(H2O2-KSCN-CuSO4-NaOH系でのLuminol及びL-012を用いた化学発光振動反応におけるHO2・の挙動の新規検出)
高校2年 通岡

・Cat health management system utilizing a pressure sensor and an accelerator
(圧力・加速度センサーを利用した猫の健康管理システムの構築)
高校2年  勝間田

優秀賞(6件)
・三音のうなり(A119)
高校2年 坂本、馬場

・低い周波数の音による引力と斥力の関係
高校2年 谷中

・メルヘンの世界は実現可能か
高校2年 小澤、吉田

・熱音響冷却実験
高校2年 村上

・Novel Detection of the Behavior of HO2・in Oscillating Chemiluminescence Reaction in H2O2-KSCN-CuSO4-NaOH Using Luminol and L-
012
(H2O2-KSCN-CuSO4-NaOH系でのLuminol及びL-012を用いた化学発光振動反応におけるHO2・の挙動の新規検出)
高校2年 通岡

・Cat health management system utilizing a pressure sensor and an accelerator
(圧力・加速度センサーを利用した猫の健康管理システムの構築)
高校2年  勝間田

おめでとうございます!

【SSH】Intel ISEF 2017 Grand Awards(優秀賞)

5/14~19 に米国、ロサンゼルスで世界最大規模の高校生のIntel ISEF 2017
(Intel International Science and Engineering Fair インテル国際学生科学技術フェア)が開催されました。

78の国と地域の代表1,778人が、22の部門に分かれて、パネルの前で研究成果を発表し、審査を受けました。

日本代表として、本校から出場した高校3年 吴さんが、エネルギー:化学的部門で
「Artificial Photosynthesis: Novel Visible Light Response and Formic Acid Generation from Carbon Dioxide Using Tantalum Oxide/ Tantalum Plate」(人工光合成:酸化タンタル/タンタル板を用いた新規可視光応答と二酸化炭素からギ酸の生成)の研究成果について、グランドアワードの約9名の審査員から、15分間ずつ質問を受けました。

実験内容、図の意味、関連する幅広い基礎知識などについて、
「変換効率はどうやって計算したか」
「大学に行ってさらに細かく調べるとしたらどういう機器を使うか」
「実用化するとしたら、生成したギ酸はどうやって分離するか」
などのするどい質問をうけ、通訳なして英語で受け答えしました。
スペッシャルアワードのNASAの審査員や、最後の自由時間審査にも審査員が来ました。

審査の結果、Grand Awards(優秀賞)で、 エネルギー:化学的部門2等
(49チーム中の2~4位)を受賞しました。

おめでとうございます!

「SSH 平成28年度SSH年度末発表会」のご案内

1. 目  的 SSH事業の一つである「市川サイエンス」で取り組んでいる課題研究の成果を生徒が発表する。これにより思考の整理とプレゼンテーション能力の向上を促す機会とする。

2. 日  時 平成29年3月11日(土) 13:30~16:40(受付:エントランス12:30~)

3. 場  所 学校法人市川学園 市川高等学校 國枝記念国際ホール
〒272-0816 千葉県市川市本北方2丁目38-1
TEL:047-339-2681 FAX:047-337-6288

4. 対  象 SSH指定校、国内の高等学校および中学校の教職員、本校生徒保護者等

5.日  程 13:30~13:40 開会 校長挨拶  (会場:國枝国際記念ホール)
13:40~14:40 口頭発表  (会場:國枝国際記念ホール)
14:50~16:10 ポスター発表  (会場:1Fコミュニティプラザ)
16:20~16:30 講評
16:30~16:35 理事長挨拶
16:35~16:40 閉会
17:00~  SSH運営指導委員会

詳細はこちらをクリックしてください。

【SSH】2017 TISF 台湾国際科学フェア 受賞

2017 TISF(Taiwan International Science Fair)

日程 : 2月5日~2月11日
場所 : 台湾(台北市)の国立台湾科学教育館

台湾国際科学フェアに台湾国内118チーム、海外24の国と地域42チームが参加しました。
吴さんと柴さんが、高校化学グランドコンテストで文部科学大臣賞(1位)を受賞した関係で招待され、
Artificial Photosynthesis -Formic Acid Generated from Carbon Dioxide by Using Photocatalyst-
(人工光合成の研究-酸化タンタル/タンタル板を使った二酸化炭素からギ酸の生成と可視光応答-)を英語でポスター発表しました。

化学部門で3等賞を受賞しました。
おめでとうございます!

DSC_4551

平成29年2月18日(土)「SSH授業研究会」を開催します!

本校は平成26年度スーパーサイエンススクールの指定を受け、2期目の研究開発に取り組むことになりました。
今年は、アクティブラーニング型の授業開発や評価のあり方などを研究しております。

途中経過の内容ではございますが、中・高の公開授業と分科会・全体会からなる「SSH授業研究会」を開催いたします。
大変お忙しい時期ではございますが、是非先生方にご参加を頂き、ご助言を賜りたくご案内申し上げます。

詳細案内はこちらから → 【2603 市川学園】H28年度SSH授業研究会.docx

授業研究会の資料、議事録、アンケート集計結果は、こちらをクリックしてください。

【SSH】第14回高校生科学技術チャレンジJSEC2016 受賞 2年連続!!

12月10日・11日に日本科学未来館で行われた
朝日新聞社主催の「第14回高校生科学技術チャレンジJSEC2016」
全国から253組の応募があり、最終選考の30組に、本校から2組が選ばれて出場しました。

最終審査会の結果
グランド・アワード
「科学技術振興機構賞」(3位)受賞
「人工光合成-酸化タンタル/ タンタル板を使った二酸化炭素からギ酸の生成可視光応答」
5年4組 吴 慧怡さん

優等賞 受賞
「L-012を使った化学発光振動反応の研究」
5年6組 鮫島伸寿君、6年2組 土岐恵莉佳さん

上位受賞の吴 慧怡さんは
2017年5月に米国、ロサンゼルスで開催されるIntel ISEF2017 に日本代表として派遣されることになります。(後日決定)※本校からはIntel ISEFに2年連続出場になる予定です。

受賞おめでとうございます!!

【SSH】高校化学グランドコンテスト(1位 文部科学大臣賞 受賞)

11月6日(日)に、大阪市立大学で第13回高校化学グランドコンテスト
(大阪市立大学と読売新聞大阪本社 主催)が開催されました。

最終選考会で、10課題の口頭発表、61課題のポスター発表がありました。

本校は、1位「文部科学大臣賞」を受賞しました。

「人工光合成の研究
-酸化タンタル/タンタル板を使った二酸化炭素からギ酸の生成と可視光応答-」
吴 慧怡さん・柴 聖華さん

2017年2月5日から2月11日に台湾・台北で開催される
2017TISF(Taiwan international science fair)に招待されることが決まりました。

おめでとうございます。

詳細は、2016年 第13回高校化学グランドコンテスト(結果発表ページへ)
http://www.gracon.jp/gc/gracon2016/final-result2016/

【SSH】千葉県児童生徒・教職員科学作品展 受賞!

平成28年度 千葉県児童生徒・教職員科学作品展において2件が特別賞を受賞しました。

【千葉県教育長賞】
「電解質を使ったデンプンとセルロースの水素結合の切断とアミラーゼとセルラーゼによるグルコースの生成速度」
高校2年生 中村友哉、松永直樹

【千葉県総合教育センター所長賞】
「アルコールとシルコンオイルのバウンチングジェット」
高校2年生 村上 真輝
高校3年生 橋爪 希武

おめでとうございます。
詳細は千葉県総合教育センターのページへ

【SSH】第6回高校生によるMIMS現象数理学研究発表会 受賞!

10月9日日曜日に開催された、第6回高校生によるMIMS現象数理学研究発表会において、以下の2グループが各、審査員特別賞を受賞しました。

「連続してはね返った水は放物面を描くか?」
高校2年生 木村亮太、出口大成
「鉄棒君(おもちゃ)を通じたブランコの数理」
高校2年生 鈴木 響、中島啓太

おめでとうございます。

【SSH】第8回坊ちゃん科学賞 受賞!結果報告

東京理科大学主催の「坊っちゃん科学賞研究論文コンテスト(高校生の部)」において、優良入賞2点入賞5点、さらに学校を受賞しました。

優良入賞2点
「水の硬度はトマトの糖度にどのような影響を与えるのか?」
3年 宇佐美 茉由
「原子核乾板を使ったα線に関する放射性物質の検出」
3年 加藤 亮介

入賞5点
「ペロブスカイト型太陽電池の研究」
3年 別所 優理、吉澤 亘
「局在表面プラズモン共鳴を用いた完全固体型太陽電池の作成」
3年 宮原 潤、松井 貴大
「リチウムイオン二次電池の簡易製作法の研究」
3年 梅村 幸央、不死原 大知
「触媒を使ったヨードホルム反応の研究」
3年 武田 隼人、近野 真生、川平 悠里、町田 雄大
「PM2.5とPM0.5の捕集とそれに対するマスク効果」
3年 高倉 弘樹、山路 啓太

おめでとうございます!

【SSH】第10回高校生理科研究発表会 「最優秀賞」受賞および結果報告

最優秀賞
Artificial Photosynthesis:Formic Acid Generated from Carbon Dioxide under Visible Light Irradiation by Using Doped Ta2O5
(人工光合成:酸化タンタルを使った可視光下での二酸化炭素からギ酸の生成)(化学Ⅱ・A425)
高校2年 呉 慧怡・高校3年 柴 聖華

千葉県高等学校教育研究会理科部会長賞
Research of Iron-based Cathode for Rechargeable Li-ion Battery
(鉄系正極剤を使ったリチウムイオン二次電池の研究)(化学Ⅰ・A319)
高校2年 寺池 祥吾・中西 剛也

新化学技術推進協会賞(2件)
Artificial Photosynthesis:Formic Acid Generated from Carbon Dioxide under Visible Light Irradiation by Using Doped Ta
2O5(人工光合成:酸化タンタルを使った可視光下での二酸化炭素からギ酸の生成)(化学Ⅱ・A425)
高校2年 呉 慧怡・高校3年 柴 聖華

Research of Iron-based Cathode for Rechargeable Li-ion Battery (鉄系正極剤を使ったリチウムイオン二次電池の研究)(化学Ⅰ・A319)
高校2年 寺池 祥吾・中西 剛也

English_Presentation_Award(2件)
Bouncing Jet
(バウンチングジェット) (物理Ⅰ・A125)
高校2年 村上 真輝

Artificial Photosynthesis:Formic Acid Generated from Carbon Dioxide under Visible Light Irradiation by Using Doped Ta2O5(人工光合成:酸化タンタルを使った可視光下での二酸化炭素からギ酸の生成)(化学Ⅱ・A425)
高校2年 呉 慧怡・高校3年 柴 聖華

優秀賞(7件)
水の特殊環境下における飛散
(物理Ⅰ・A115)
高校2年 木村 亮太・出口 大成

Bouncing Jet(バウンチングジェット) (物理Ⅰ・A125)
高校2年 村上 真輝

Research of Iron-based Cathode for Rechargeable Li-ion Battery (鉄系正極剤を使ったリチウムイオン二次電池の研究)(化学Ⅰ・A319)
高校2年 寺池 祥吾・中西 剛也

Oscillating Chemiluminescence Reaction Using Isoluminol (イソルミノールを使った化学発光振動反応の研究)(化学Ⅰ・A343)
高校2年 鮫島 伸寿・高校3年 土岐 恵莉佳

Artificial Photosynthesis:Formic Acid Generated from Carbon Dioxide under Visible Light Irradiation by Using Doped Ta2O5(人工光合成:酸化タンタルを使った可視光下での二酸化炭素からギ酸の生成)(化学Ⅱ・A425)
高校2年 呉 慧怡・高校3年 柴 聖華

アゾ化合物の合成とその酸塩基特性について(化学Ⅱ・A429)
高校2年 三沢 桃羽

プロトプラストの単離と細胞融合における最適処理条件(生物Ⅱ・A631)
高校2年 古川 彩絢

教育功労賞(1名) 本校教員 堀 亨

【SSH】2016タイ王国Princess Chulabhorn’s Science High School, Chonburi校 来校

【日程】8/31(Wed)タイ→成田
【来校人数】生徒7名+引率教員5名

9/1(Thu)AM 始業式参加   PM 研究発表
9/2(Fri)AM 市川学園の授業に参加  PM 東邦大学理学部研修
9/3(Sat)AM 日本科学未来館見学  PM 東京見物
9/4(Sun)成田→タイ

 1  2
 3  4
 5  6
 7  8

 

 

【SSH】2016タイ王国 Princess Chulabhorn’s Science High School, Chonburi校 訪問

【日程】7月25日~29日
7/25(Mon)成田→タイ
7/26(Tue)AM フィールドワーク   PM AMの振り返り
7/27(Wed)AM 市川教員の授業     PM 市川生の発表  ウェルカムパーティ
7/28(Thu)AM ブラパー大学見学  PM 植物園見学
7/29(Fri)タイ→成田
【場所】タイ王国チョンブリ県
【参加者】高校2年10名+引率教員2名

 0-hp-IMG_4120-6  1-hp-IMG_4191
 2-hp-IMG_4226  3-hp-IMG_4335
 4-hp-IMG_4345  6-hp-IMG_4438
 7-hp-IMG_4471  5-hp-IMG_4382

 

【SSH・追加案内】「小学生体験講座」ワークショップの追加のご案内

「7/9(土)小学生対象講座ワークショップ内容紹介」

小学生対象講座のワークショップの受講を希望される方には、当日朝に整理券を配布します。整理券配布は10:00より、受付後方の整理券配布所で配布します。ワークショップの内容は以下の通りです。

算数「ピタゴラスパズル」
ピタゴラスの定理(三平方の定理)をパズルで学ぼう。
パズルを作るところから始めて、パズルは持って帰れます。

生物「種をとばそう!」
紙テープとクリップを使って種のモデルを作ろう!種チャンピオンはだれかな?

化学「色のマジック」
過酸化水素水に、ヨウ素やビタミンCを加えて、化学反応を起こし、溶液の
色をつけたり消したりします。家庭でも準備できるもので行う実験なので、
夏休みの自由研究にもおすすめです。

「Intel ISEF 2016」に日本代表として派遣されました!

5月8日から、米国、アリゾナ州フェニックスで、世界最大の科学技術分野での高校生向けコンテストであるIntel ISEF 2016(International Science and Engineering Fair 国際学生科学技術フェア)が開催されました。

本校の土岐恵莉佳さん、中村美郷さん.大﨑詩織さんが、高校生科学技術チャレンジJapan Science & Engineering Challenge:JSECで花王賞を受賞し、日本代表として派遣されました。Mechanism of the Oscillating Chemiluminescence Reaction Using Luminol(ルミノールの化学発光振動反応の反応機構の研究)について発表し、貴重な体験をしてきました。

こちらをクリックして、3人の報告書をご覧ください。
土岐恵莉佳さん  中村美郷さん 大﨑詩織さん

今後、本校から、ISEFに日本代表として再度派遣される生徒が出ることを期待しています。

P1040637(2)

「SSH小学生体験講座 ~高校生が教える理科・算数体験講座~」2016年7月9日

大好評の「SSH小学生体験講座 ~高校生が教える理科・算数体験講座~」を実施します。
この講座では、全ての説明を本学園の高校生が行います。

児童・保護者の皆様には、奮って参加して頂けますようにお願いします。
なお、当日は保護者同伴とさせて頂きます。
参加生徒には、こちらで傷害保険をかけさせて頂きますので、7月4日(月)までにお申し込みください。
※なお、申込期限前でも定員(200名)になり次第、申込受付は締め切らせていただきます

実施日時 2016年7月9日(土) 10時~12時
実施場所 市川学園 物理・化学・生物の各実験室、多目的ホール、教室
対  象 小学1年生~小学6年生の児童(※保護者同伴)
※体験講座であり、体験授業とは異なり全ての小学生が対象です。
ブース(対面)形式およびワークショップ(授業)形式の講座を実施します。
ワークショップ形式の講座では、開始時刻が決まっていますので、
その時間までに、それぞれの会場にお集まりください。
※本学園のホームページ上で詳細を掲載いたします。掲載時期は6月下旬を予定しております。
※傷害保険加入(無料:こちらで加入させていただきます)

★バスのご案内★
(行き) JR市川大野駅 発 9:13  9:28(臨時便)  9:58
※JR本八幡駅発は、通常の路線バスの時刻になります。
(帰り) 市川学園前 発 → JR市川大野駅行  12:10 12:20
(帰り) 市川学園前 発 → 本八幡行  12:05 12:10 12:15 12:20
※帰りの便はすべて、学園正門前のバスターミナルから出発致します。

★ご注意★
■こちらは、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)企画の講座になり、学校説明会等は実施致しません。
■傷害保険加入の為、キャンセル待ちはございません。
■登録後、自動返信メールの受信をもちまして、お申込み完了となります。
■携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、
「ichigaku.ac.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますのでご確認ください。
(自動返信メールが届かない場合は、n.usui@ichigak-net.ed.jpのアドレスまで、お問い合わせください。)

【入力にあたっての注意】
■保護者の氏名が必要になります。
お子様の名前の後にカッコで(保護者名)を入力下さい。
<例>子供:市川太郎君、保護者:市川花子様の場合には、
参加者氏名:市川太郎(市川花子)と入力して下さい。
■申込み人数は、保護者は含めません。参加児童の人数を選択してください。

【申し込み後のご連絡】
■本学園のホームページ上で詳細を掲載いたします。掲載時期は6月下旬を予定しております。

【お知らせ】

現在、SSH企画「高校生が教える小学生体験講座」の募集をしておりますが、 以前、ご登録された方は、「メールアドレスが既に登録されております」といった メッセージが出て、お申し込み出来ない現象が発生しております。

イベントフォーム設定に不備があり、そのようなメッセージで、お申し込み出来ない場合は、 以下のメールアドレスへ、直接お申し込み下さいますようお願い致します。※他のメールアドレスでフォームからご登録いただく事も可能です。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

申し込みメールアドレス:
n.usui@ichigak-net.ed.jp

メールタイトル:
「SSH小学生体験講座の申し込みの件」

本文記載内容:
1.お子様のお名前(フリガナ)
2.保護者氏名(フリガナ)
3.性別
4.学年
5.都道府県
6.市区町村
7.電話番号
8.メールアドレス

申し込みは7/9SSH企画「小学生体験講座」をクリック!

HP-2016-07小学生講座バナー

SSH「アメリカ・トーマスジェファーソン高校サイエンス研修」報告

1/4(月)~9(土)まで、横浜サイエンスフロンティア高校・市川高校・筑波大附属駒場高校・東工大付属科学技術高校・戸山高校が合同でサイエンス研修を行いました。本校から5年5組の宇佐美茉由さんが参加し、最先端の施設や研究に触れてきました。

〔行程〕
1/4(月) 成田~ワシントンDC・スミソニアン博物館見学
1/5(火) 実験実習(トーソン大学)・NASAゴダード宇宙センター見学
1/6(水) トーマスジェファーソン高校で交流・プレゼン
1/7(木) スミソニアン別館「宇宙航空博物館」・NIH(アメリカ国立衛生研究所)見学
1/8(金)~9(土) ワシントンDC~成田

〔研修報告〕
こちらをクリックして、報告書をご覧ください。

【SSH】藤原ナチュラルヒストリー振興財団 第6回高校生ポスター発表 受賞

日程 2015年11月15日
場所 国立科学博物館

最優秀賞
5-6 田谷昌仁君の「鳥の小翼羽の形状と生態との関係」

おめでとうございます!!

SSH】第7回坊ちゃん科学賞(東京理科大学主催)入賞

研究論文コンテスト (高校部門)・論文審査結果です。

 優良入賞  「箔検電器の帯電」
吉田彪人、植村朋広、内藤遼一
 優良入賞  「次亜ヨウ素酸についての研究-吸収スペクトルと計算化学―」
橋本向貴
 優良入賞  「液体の表面張力や粘性とアンチバブルの出来やすさ」
柄澤聖吾
 入賞  「スポンジケーキの膨らみ方と炭酸水素ナトリウムの熱分解」
平野紗理
 入賞  「ポリフェノールを用いた安全な染色法の研究」
中尾美貴、崔文香、冨田繭子、望月美玖、矢嶋美優
 入賞  「食糧危機を防ぐバイオエタノールの研究」
北島雄人、土屋進悟
 入賞  「植物精油の対虫忌避効果の検証」
安藤宏明

その他に、5つの課題で、佳作、参加賞を頂きました。
おめでとうございます!!

【SSH】「The 2nd Symposium for Women Researchers」で受賞!!

11月1日(日)、東京都立戸山高等学校で実施された
女子研究発表会「The 2nd Symposium for Women Researchers」にて、
以下の賞をいただきました!!

『リケ女賞』・・・参加された講師の先生方による投票
「目の覚める野菜を作ろう」
5年6組 隈本瑛子、河野円香、土田彩乃

『グッジョブ賞』・・・参加した生徒による投票
「食材を用いて人体に安全なクレヨンを作る」
5年4組 三瓶美紗

おめでとうございます。

【SSH】第12回高校化学グランドコンテスト ダブル受賞!!

日程:2015年10月25日
場所:大阪府立大学
課題タイトル:「人工光合成の研究-光触媒を使った水から水素と酸素の生成-」

日本全国71件のエントリー中、最終選考会の口頭発表10校に選ばれ、
高校2年生 柴 聖華さんが、英語で口頭発表しました。

審査の結果、第3位の大阪市長賞を受賞しました。
環境分野に送られるパナソニック賞とのダブル受賞でした。

おめでとうございます!!

【SSH】世界一!「First Step to Nobel Prize in PhysicsⅩⅩⅢ」受賞

本校卒業生の青木敦貴君が、国際論文コンテスト「First Step to Nobel Prize in PhysicsⅩⅩⅢ」にてPRIZEを受賞しました!※http://www.ifpan.edu.pl/firststep/

「First Step to Nobel Prize in Physics」はポーランド科学アカデミーが主催する高校生対象の物理論文コンテストです。
青木君は卒業間近の3月に論文を書き上げ、投稿しました。そして、ただ一人のPRIZE受賞となりました。
例年複数の受賞者がいるなかで、ただ一人の受賞でした。おめでとうございます!

論文 「Cyclic Analysis of PET-Bottle Oscillator」

【SSH】千葉大学主催第9回高校生理科研究発表会 入賞!

9月26日に行われた千葉大学主催第9回高校生理科研究発表会にて、SSHプログラムの一つである課題研究に取り組んでいる高校2年生の3グループが優秀賞を受賞しました。そのうち1件が特別賞を受賞しました。5年連続の特別賞受賞です。

千葉県高等学校教育研究会理科部会長賞
「LEDとDCモーター発電機を含む回路の波形観測学校」
大原正裕

優秀賞
「Bouncing Liquid」
橋爪希武
「LEDとDCモーター発電機を含む回路の波形観測」
大原正裕
「ルミノールの反応における化学発光振動反応」
土岐恵莉佳、中村美郷、大﨑詩織

SSH企画!高校生が教える 小学生体験講座 7月11日(土)

大好評の「SSH小学生体験講座 ~高校生が教える理科・算数体験講座~」を実施します。
この講座では、全ての説明を本学園の高校生が行います。

児童・保護者の皆様には、奮って参加して頂けますようにお願いします。
なお、当日は保護者同伴とさせて頂きます。
参加生徒には、こちらで傷害保険をかけさせて頂きますので、7月7日(火)までにお申し込みください。
※なお、申込期限前でも定員(200名)になり次第、申込受付は締め切らせていただきます

実施日時 2015年7月11日(土) 10時~12時
実施場所 市川学園 物理・化学・生物の各実験室、多目的ホール
対  象 小学1年生~小学6年生の児童(※保護者同伴)
※体験講座であり、体験授業とは異なり全ての小学生が対象です。

※ブース形式およびワークショップ形式の講座を実施します。
ワークショップ形式の講座では、開始時刻が決まっていますので、
その時間までに、それぞれの会場にお集まりください。
※傷害保険加入(無料:こちらで加入させていただきます)

★ご注意★
■こちらは、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)企画の講座になり、学校説明会等は実施致しません。
■傷害保険加入の為、キャンセル待ちはございません。
■登録後、自動返信メールの受信をもちまして、お申込み完了となります。
必ずご確認ください。
(自動返信メールが届かない場合は、n.usui@ichigak-net.ed.jpのアドレスまで、お問い合わせください。)

■携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、
「ichigaku.ac.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。

【入力にあたっての注意
■保護者の氏名が必要になります。
お子様の名前の後に(  )で保護者名を入力下さい。
<例>子供:市川太郎君、保護者:市川花子様の場合には、
参加者氏名:市川太郎(市川花子)と入力して下さい。
■申込み人数は、保護者は含めません。参加児童の人数を選択してください。

小学生講座まとめ画像

エッグドロップ甲子園

カネパッケージ賞 受賞
大貫絵莉子(高2)、木次谷真由(高2)、松澤優実(高2)
※エッグドロップ甲子園とは・・・エッグドロップ®を利用し、「科学」と「ものづくり」を融合した総合頭脳競技。

http://monodzukurikidsfund.org/eggdropkoshien/edk2014/ritsumeikan/

平成26年度千葉県児童生徒・教職員科学作品展 入賞!

平成26年度千葉県児童生徒・教職員科学作品展
科学論文の部に、2件応募して2件とも賞を取りました!

千葉県総合教育センター所長賞
「ペットボトル振動子の周期解析」
高校3年生  青木敦貴

 優秀賞
「アンモニアを使わない銀鏡反応による糖類やギ酸化合物の還元力についての研究」
高校3年  中田秀成、松尾大地、江原悠生、渡邊祐太

MIMS現象数理学研究発表会(SSH)

「第4回高校生によるMIMS現象数理学研究発表会」
日時 10月12日(日) 10:00~16:30
場所 明治大学 中野キャンパス

審査員特別賞を受賞
「Sound of coin spinning」
高橋大成(高2)、須藤隼(高2)

「スーパーボールの回転とバウンド」
荻原朋也(高2)、落合太一(高2)、弘中秀介(高2)

第8回高校生理科研究発表会(千葉大学主催)*SSH

9月27日に行われた千葉大主催「第8回高校生理科研究発表会」において、本校生徒が10件の入賞を果たしました。(全309件中)

優秀賞
「局在表面プラズモン共鳴を利用した固体型太陽電池の研究」
種市智隼(2)
「新規セリウム触媒を使ったBR振動反応の開発」
松澤優実(2)
「塩化亜鉛とゼオライトによる落ち葉からエチレンガスの製造」
名苗遼(2)
「有機薄膜太陽電池の作成」
稲村拓衛(2)
「水槽内の渦の動き」
釜坂大貴(2)清田大和(2)
「落下物体が粘土に及ぼす影響とその法則性」
佐野仁(2)
「紙鉄砲の音が鳴るわけ」
中川冬耀(2)武田悠汰 (2)
「オカダンゴムシとゴミムシにおける交替制転向反応」
政池 一輝(2)
「クスノキの葉による窒素酸化物吸収能力の検証」
河原めぐみ(3)

千葉県高等学校校長協会賞
  「Sound of coin spinning」
高橋大成(高2)須藤隼(高2)中村圭吾(高2)

平成26年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

平成26年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会
開催日:8月6・7日
場  所:パフィシコ横浜

ポスター発表賞 受賞
「ペットボトル振動子の周期解析」
青木敦貴(高3)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/08/1350835.htm