お知らせ情報 - 募金への協力のお願い

学校法人市川学園は、1937年故古賀米吉先生によって創立され、現在生徒約2,300名、教職員約200名、卒業生37,000名を超える中高一貫の共学校として大きく発展いたしました。これひとえに卒業生、保護者、歴代の教職員、学園関係者、諸先輩皆様のご尽力ご支援の賜物と深く感謝申し上げます。創立者の建学の精神である“一人ひとりをよく見るなずな教育”“自ら学び生涯学び続ける第三教育”は、いつの時代も不変であり、21世紀にこそ重要であります。現在、世界で活躍できる品格あるリーダーの輩出を目指し、「リベラルアーツ教育」による「真の学力」「教養力」「科学力」「国際力」「人間力」の5つの力の育成に注力しています。

2017年に創立80周年をむかえるにあたり、同窓会、後援会、学校法人の三者で80周年記念事業推進委員会を設置し、記念事業を推進するための募金をお願いすることになりました。

記念事業は、主に次の2点を柱とします。第一は、2015年4月に完成した新総合グラウンドで、今後利用状況に即した最終整備を行ってまいります。総合グラウンドと校舎敷地は歩道橋で一体化し、校地面積合計が従来の約1.6倍となり、百年の計としての礎ができました。第二は、これからの教育に必要な『アクティブ・ラーニング(AL:能動的学習)』の推進のための施設です。「創造の時代」である21世紀は、能動的に学び続ける力の養成が、中高教育さらに大学教育にも必要です。知識技能だけでなく、応用する思考力、判断力、表現力、主体性を身につけねばなりません。これはまさに当学園の『第三教育』の実践そのものであります。本学園はALのトップランナーとして、研究実践とともに、ALに向いた授業環境を整備します。即ち最新鋭のICT設備とグループ学習などに向いた設備の整備です。

このたびの募金を通じ、同窓会、後援会、学校法人が一体となって80周年事業を推進し、21世紀の第三教育の実現を目指してまいりたく存じます。皆様のご支援ご協力を切にお願いする次第です。

  • 市川学園創立80周年記念事業募金に関する趣意書(PDF)
  • 寄付にあたり、『専用振込用紙のご郵送を希望される方』 及び 『ATM等でお振り込みをされる方』は、こちらの『寄付金申込フォーム』に必要事項をご入力の上、送信をお願いします。
  • 卒業年度等早見表(卒業年度の確認にご利用下さい。)
  • 2016年8月1日より、市川学園への寄付金については、税額控除の対象としても認定されました。(所得控除と税額控除のどちらかを選択できるようになりました。)