水泳 - 全国高等学校総合体育大会水泳競技大会 結果報告

8月17日から20日まで長野県総合運動公園水泳場(アクアウィング)にて全国高等学校総合体育大会水泳競技大会が行われ、高校2年蔵本君が400m自由形と1500m自由形に出場してきました。

結果は
  400m自由形予選  3分57秒66(自己ベスト) 7位通過、決勝 3分59秒70        7位入賞
  1500m自由形予選  15分45秒62       4位通過、決勝 15分38秒66(自己ベスト) 5位入賞

4日間で3800mも全力で泳ぎ切り2年生ながら2種目で決勝に残ったことは、来年度に向けて良い経験ができたと思います。また、蔵本君は千葉県代表として国体に出場する予定でしたが、残念ながら三重国体は中止になってしまいました。

ご声援ありがとうございました。

卓球 - 中学卓球部 第75回千葉県中学校総合体育大会卓球大会 結果報告

7月30日・31日にバルドラール浦安アリーナで行われた県大会について、結果を報告いたします。

<女子団体>
 長谷川、佐近、橋本、斎藤、永井、松井、江副、野崎

 市川 0 - 3 常盤平

 初戦敗退(第三シード校に初戦で当たってしまい勝ち上がることは出来ませんでした。)

<男子団体>
 北村、田辺、斎藤、矢野、戸井、栗栖、石角、米田

 市川 3 - 2 八重原
 市川 3 - 0 印西
 市川 2 - 3 横芝
 市川 2 - 3 六実

 結果 第7位

関東大会まであと一歩というところで負けてしまいました。ダブルスがフルゲームのデュースで負けました。新人・春には成しえなかった県入賞は果たせましたが・・・悔し涙が流れる結果となりました。もともと今の3年生は新人の頃からパッとした結果を出せず、苦しんでいたのですが、精神的に非常に苦しい初戦を0-2のどん底から這い上がり県入賞まで勝ち上がることが出来ました。悔しいことに関東には行けませんでしたが、彼らのこれまでの努力を讃えていただけると幸いです。
各方面から激励の声をかけていただき、ありがとうございました!

ブラスバンド - 第63回千葉県吹奏楽コンクール 結果報告

8月に実施されました「第63回千葉県吹奏楽コンクール」の結果を報告いたします。

☆中学生の部(8月2日 千葉県文化会館)
  金賞受賞→千葉県大会本選出場  指揮:田中先生

☆高校生の部(8月6日・千葉県文化会館)
  金賞受賞→千葉県大会本選出場  指揮:宮田先生

昨年度は中止となった千葉県吹奏楽コンクール、今夏、2年ぶりの開催となりました。無観客開催ということで例年とはかなり異なった雰囲気でしたが、当日はライブ配信もあり、保護者のみなさまも各ご家庭で楽しんでいただいたようです。

結果の方は、中高ともに金賞受賞、千葉県大会本選出場(8月12日・13日実施済み)という、かつてない好成績を残すことができました。コロナ禍のため例年以上に限られた活動スケジュールの中でしたが、部員たちの日頃の地道な練習成果を評価していただいた結果です。市川学園吹奏楽部初の快挙に、部員一同、非常に喜んでいます。

来年度以降は、千葉県大会を突破するという更なる目標もできました。今後も、引き続き吹奏楽部へのご理解とご支援を何とぞ宜しくお願い致します。

鉄道研究 - 第13回全国高等学校鉄道模型コンテスト 結果報告

8月20日・21日に開催された第13回全国高等学校鉄道模型コンテストの結果を報告いたします。

今回はコロナ禍の中、全国から122校が参加しましたが、本校は「モジュール部門」において「ベストクリエイティブ賞」を受賞しました。大会の様子は、以下のURLからご覧になることができます。宜しければご覧ください。

大会のHP
https://moraco-app.web.app/

本校のプレゼンテーションが含まれる動画(開始から55分後くらいで本校生徒が登場します)
https://youtu.be/iVnoY6y10cQ

参加者
(高1)増田、(中3)大数加、山根、高橋

硬式テニス - 【中学男子】千葉県中学生新人大会団体戦(予選会) 結果報告

8月23日(月)、24日(火)に千葉市高浜庭球場行われた千葉県中学生新人大会硬式テニス部の部団体戦予選会の結果をご報告致します。

<参加生徒>
(中2)今西、新井、北野、澤栗、村上、磯邉、峯岸
(中1)武藤、桐木

<大会形式>
シングルス3本、ダブルス2本

<1日目>
 市川中 VS 稲毛高附属中 5勝0敗
 市川中 VS 千葉日大一中 5勝0敗  

<2日目>
 市川中 VS 東海大浦安中 3勝2敗
 市川中 VS 八千代松陰中 3勝2敗
 市川中 VS 麗澤中    4勝1敗  

以上の結果、県予選会1位通過となりました。制限のある中、生徒達は頑張ってくれました。
ご声援ありがとうございました。

鉄道研究 - いすみ鉄道主催「い鉄甲子園」結果報告

鉄道研究部および有志生徒が参加した、いすみ鉄道主催「い鉄甲子園」の結果を報告いたします。

全10チームが参加した「い鉄甲子園」において、本校の鉄道研究部員および有志生徒からなるチーム
「ろーからぼ」Aチーム・Bチームが、以下の賞を受賞しました。

【最優秀賞】
 ろーからぼB「キハ犬」
  (鉄道車両に、犬とともに乗車できるようにしようというアイデア)
   (高2)石原、岩田、辻川、寺田、中堀、末永
   (高1)西村、松尾、岡藤

【優秀賞】
 ろーからぼA「キハキャン」
  (駅や車両でキャンプを楽しめるようにしようというアイデア)
   (高1)猪俣、増田、入船、(高3)山根
   (中2)藤倉、清水、鹿野、(中1)羅、松島

※い鉄甲子園の内容は、下記リンク先の「いすみ鉄道」に掲載されていますので、ご覧ください。

  URL:https://isumirail.co.jp/blog/archives/861

今年度初めて開催された企画で、準備が難しいところもありましたが、何とか良い賞を得られました。
ご協力していただいた皆様、どうもありがとうございました。

軟式野球(高) - 第66回全国高等学校軟式野球選手権千葉大会決勝戦 結果報告

7月28日(水)第66回全国高等学校軟式野球選手権千葉大会決勝戦へ出場し、南関東大会出場権と3年ぶり8回目の優勝を目指し長嶋茂雄記念岩名球場にて拓殖大学紅陵高校と対戦して参りました。

1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
市 川  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0
紅 陵  0  0  0  0  2  0  0  1  X

関東大会優勝投手で大会ナンバーワン右腕と呼び声高い、山田投手率いる拓大紅陵に対し、本校エース小野(高3)が堂々たる投手戦を演じ、粘投により紅陵打線を5回まで抑え続けました。しかしその5回裏、相手のタイムリーヒットにより均衡を破られ先制されると、8回裏には内野ゴロ間に本塁を狙った3塁走者刺殺の際に失策により生還を許してしまいました。また、相手投手の好投にも阻まれ、3塁まで走者を進めるもあと一本が出ず、力戦奮闘致しましたが力及ばず0-3で敗れました。

2021-07-28 準優勝

猛暑の中、応援に駆けつけてくださいました関係者の皆様、誠にありがとうございました。スタンドからのご声援、選手達にとって大変心強かった事と思います。敗れはしましたが、制限制約のあるコロナ禍の中、お陰様で堂々たる準優勝を収めることができました。厚く御礼申し上げます。引退する3年生の志は後輩達がきちんと受け継いでくれることでしょう。

これからも引き続き高校軟式野球部は、野球を通した人間形成をモットーに、文武不岐を貫き生活態度を含め礼儀、挨拶一つにしても他の生徒の良き模範となれるよう引き続き日々精進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻賜ります様どうぞよろしくお願い申し上げます。この度は誠にありがとうございました。

 

囲碁・将棋 - 第46回中学生将棋名人戦 結果報告

7月25日(日)~26日(月)に東京富士大学で行われた「第46回中学生将棋名人戦」の結果を報告します。

【結果】 ベスト8 美濃島(中学1年)

【概要】 
 本大会は中学将棋界の最高峰の大会と位置づけられており、全国各地から約160名の中学生が参加しました。
 25日午前の予選リーグは計3局行われ、2勝1敗の成績で決勝トーナメントに進出しました。
 午後の決勝トーナメントでも安定した指し回しで3連勝し、ベスト8に残りました。
 26日の準々決勝では惜しくも敗戦となりましたが、全国の強豪を相手に堂々とした戦いぶりでした。

また次の大会に向けて、部員一同精進してまいります。今後もよろしくお願い致します。

剣道 - 中学剣道部 市川市・浦安市総合体育大会剣道大会(団体の部) 結果報告

7月17日(土)に行われた市川市・浦安市総合体育大会剣道大会(団体の部)の結果を報告致します。

<女子団体>
 1回戦  市川 0 - 4 市川三中

<男子団体>
 1回戦      市川 3 - 2 市川二中(第2シード校)
 2回戦      市川 3 - 0 市川八中
 コート決勝    市川 3 - 1 入船中(第3シード校)
 県大会出場決定戦 市川 3 - 1 下貝塚中
 決勝戦      市川 0 - 5 東海大浦安中(第1シード校)

以上の結果、男子団体が市川・浦安支部第2位となり、7月28日(水)に行われる第75回千葉県中学校総合体育大会剣道の部への出場が決まりました。
市川中剣道部では第59回大会以来16年ぶりの県大会出場です。

今大会の選手は、先鋒:伊藤(中2)次鋒:涌井(中3)中堅:島村(中3)副将:梁(中3)大将:相馬(中3)補欠:豊岡(中3)、柿本(中2)で臨みました。
コロナ禍で試合が中止になってしまった期間を経て、新チームになってからは、キャプテンを中心に自分たちでよく考え行動し、また日頃から一緒に活動している高校生にも挑みながら稽古することによって、一人一人の技量が上がり、チームとしての力を付けてきました。しかし、新人戦と総体のシード校を決める交流大会では、関東大会優勝校である東海大浦安中とトーナメントの序盤で当たり完敗し、大きなレベルの差に悔しい思いをしてきました。そこで、最後の総体でチャンスが巡ってきた時にそれを掴み取る準備をしておくということを常に意識し、稽古を重ねたことが今回の結果に繋がったのだと感じています。
初めての県大会ですが、精一杯試合に挑み、貴重な機会で多くを学んできたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

軟式野球(高) - 第66回全国高等学校軟式野球選手権千葉大会準決勝 結果報告

7月26日(月)に行われた第66回全国高等学校軟式野球選手権千葉大会準決勝に出場し、千葉商大付属高校と対戦して参りました。

 1回  2回  3回  4回  5回  6回  7回  8回  9回   計
千葉商科大学附属  1  0  0  1  0  2  0  0  0   4
 市       川  1  0  0  0  0  0  0  1  3X   5

初回から三塁打を浴びるなどしリードされ、6回には青葉の森球場のライトスタンドへ、商大4番バッターから特大のソロホームランを浴びる等、強力打線の商大に終始リードされ続ける非常に苦しい試合展開となりました。

  • 2点ビハインドで迎えた9回裏、四球と内野安打でなんとか出塁しましたが、相手投手の好投に阻まれ、後続が次々と倒れあっという間に2アウト。
  • 絶体絶命のピンチとなりましたが、3番近藤(高3)がセンター前に意地のテキサスヒットで一点差に詰め寄ると、続く4番キャプテン永田(高3)へは申告敬遠により満塁策を講じられ2アウト満塁。
  • 4番との勝負を避けられ、勝負を挑まれた5番百々(高2)が左中間を破るタイム-リーヒットを放ち結果、4-5xでサヨナラ勝ちを納めることができました。

猛暑の中、応援に駆けつけで下さいました皆様、ならびに関係者の皆様、誠にありがとうございました。

決勝戦は7月28日(水)、10時より佐倉市長嶋茂雄記念岩名球場にて南関東大会出場権をかけて、春季県大会覇者の優勝候補拓殖大学紅陵高校と対戦致します。市学野球を貫き、高校生らしく感謝の気持ちを忘れずハツラツとプレーし3年ぶり8回目の優勝を目指して頑張って参りますので皆様の暖かいご声援、何卒よろしくお願い致します。
尚、決勝戦の様子はアマチュア野球サイト『一球速報』にて当日リアルタイム配信されます(動画配信はありません)。下記URLからご覧ください。

https://baseball.omyutech.com/

また、硬式同様、試合当日スタンドへの入場は感染防止対策の為、誠に恐れ入りますが県高野連の規定により『保護者、部員、学校関係者(OB含む)』のみとなっております。関係者の皆様、ご来場の際は球場スタンド入場口前に設置してあります名簿へ氏名等をご記入の上、ご入場ください。ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承頂けますようお願い申し上げます。