TBSラジオ ~TOMAS presents High School a Go Go!!~ 取材

英語部HP ラジオ取材

先日、市川学園英語部の部員3名が「TBSラジオ ~TOMAS presents High School a Go Go!!~」の取材を受けました!
英語部にとって、私たち3人にとって、はじめてのラジオ取材。
緊張もありましたが、親切でプロフェッショナルなTBSラジオの皆さまのおかげで、無事取材を終えることができました。
英語部についてから、市川学園についてまで、いろいろなお話をさせていただきました!
私たち英語部らしい、楽しい放送となっておりますのでぜひお聴きください♪

放送日程
12月24日(月)夜9時00分~9時30分 「英語部の活動編」
12月31日(月)夜9時00分~9時30分 「市川高校の生活編」

番組HP
https://www.tbsradio.jp/higo/

radikoというアプリでは、番組放送後1週間以内ならいつでも視聴することができます!
http://radiko.jp/

(高1 形部)

英語部 第12回全日本高校模擬国連大会

【英語部HP②】第12回全日本高校模擬国連大会

11月17日(土)~18日(日)に国連大学(渋谷区)にて開催された「第12回全日本高校模擬国連大会」に、本校英語部員2名がRepublic of Korea(大韓民国)大使チームとして参加いたしました。215ペアから書類審査によって選考された86ペア(68校)が出場し、弊校が割り振られた「B議場」では、43カ国の大使ペアが、議題である「武器移転(Arms Transfer)」について議論を交わし、文書の作成を行いました。この大会への出場は弊校英語部の悲願であり、残念ながら世界大会への出場は叶いませんでしたが、国益と国際益を守るべく、韓国大使として奔走致しました。韓国は、国防上、各国で政策履行の足並みをそろえる必要があったので「コンセンサス(全会一致)」を目指しながら、自国に有利な政策を国際的な文書に入れてもらいたかったので、一人は議場把握、一人はグループのキーパーソンとして行動しました。しかし、コンセンサスは叶わず、しかも、最も足並みをそろえなければならない国々と意見が異なるグループに属したままでした。「これでは韓国が滅ぶ」と危機感を抱いて最後まで奔走しました。結果、行動も発言もめちゃくちゃで多くの方にご迷惑をおかけしましたが、周辺国と足並みをそろえることができました。
≪大会公式サイト: http://jcgc.accu.or.jp/

***************

「目立つことやリーダー国になることよりも、目立たなくても自国や他国の国益を守ったほうがかっこいい」
これは、今年の夏に「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」を使って、アメリカで模擬国連を極めていたときに参加した会議で、ある大使から学んだことです。彼女は、形成されたグループの中で発言力があり、文書作成でも中心的な役割を果たしていました。グループの代表が、グループ内で作成した文書の内容を説明する時間で、私は当然彼女が代表として話すと思っていました。(日本では、グループの中心の国が表に立って話しますし、中心になる国はそうしたがるのです。)しかし、彼女は辞退しました。「私のような、好かれていない国が表に出ると、反対する国が出るから、私は話さない。」と。(彼女の担当国は敵対する国が多かったのです。)彼女は、自分が目立つことよりも、自分のグループの文書を可決させることで、自国と、自国と同じグループにいる国の利益を優先したのです。
私は、そこから、先ほど書いたようなことを学びました。

そこで、今回は、リーダー国になることよりも、国益を守ることを優先させました。どのような行動をしたかは冒頭で書いた通りです。最終的に、隣国のうち、最大の脅威であった国と話し合うことができて、足並みをそろえることができたため、国益はなんとか守ることができましたが、一瞬でも、自国を滅亡の危機にさらしたことはとても悔しいことです。(もちろん、私たちが「模擬」の世界で担当国の国防上致命的な結果をもたらしても、実際に世界から担当した国が消えるわけではありません。しかし、「韓国を滅ぼしてはいけない」と思えるほどに、私たちは韓国大使になりきっていましたし、国益を守るのに必死でした。)

模擬国連のおかげで、私は変わることができました。多角的な視点で物事を見ること、細かく情報収集すること、人前で堂々と話すことなど、多くのスキルを習得しました。また、留学のきっかけになったり、国際問題を考えるきっかけになったりなど、模擬国連は私を世界とつないでくれました。ここで得たことは、決して無駄にはなりません。これからの人生で活かし、願わくは、模擬国連で得たものを最大限活かせる職業に就きたいです。

(高2 濵)

***************

「みんながリーダーなのが模擬国連、必要なのはリーダーだけじゃないのが模擬国連。」
たった2年間の模擬国連活動でしたが、この大会を終えて、今までの自分の模擬国連生活を振り返り、最後の模擬国連で私が達した結論はこれです。
大国から小国までが同じ権利を有する国連という場で、私たち大使には国の代表として自覚を持って国益を守るために行動を起こす義務と権利があります。しかし、もちろん、すべての国が主導権を握ろうとすれば、議場は混乱します。そこで、国際益を考える必要性が生まれます。議論の主導国には仕事が山ほどあるため、網羅できない部分がどうしても生まれてしまいます。そこをしっかりと捉え、主導国ではないからこそできることを自分で見つけていく、全体をリードする国に対して身を委ねるのではなく、議場を俯瞰したうえで自分なりの議場貢献の仕方を考えながら、時に批判的に議論を重ねる、というように、会議全体、世界全体の利益を見つめつつ、担当国大使としての務めを果たすことはとても難しいものの、理想的なことであると、身にしみて感じることが出来ました。
このようなことをはじめとする模擬国連で得たことは、すべて生活につながります。世界の中に自分自身がいるのではなく、自分自身が世界を構成する1人であるという当事者意識は、これからを生きていく上でとても重要なものであると思います。また、一筋縄では行かない世界の複雑な構造は、規模に依存しません。身近なコミュニティから活かしていきたいです。

(高2 湯浅)

***************

大会運営に携わられた皆様、参加された他校の皆様、そして書類選考から政策立案に至るまで弊校英語部員へご協力とご指導、さらに応援してくださった皆様に心から感謝申し上げます。「감사합니다.」

(高2 濵・湯浅)

英語部 第18回模擬国連会議関西大会(KMUNC18)

【英語部HP①】第18回模擬国連会議関西大会

8月20日(月)~23日(木)、神戸国際会議場(兵庫県)にて開催された模擬国連大会「第18回模擬国連会議関西大会(KMUNC18)」に本校英語部員1名が参加しました。

議題は「The Forum for Education until 2030(2030年までの教育分野に関するフォーラム)」で、本校部員は浅野学園高等学校(神奈川)の生徒とペアを組み、チリ大使を担当しました。

今回の会議はこれまで行ってきた「高校模擬国連」とは違う「大学模擬国連」でした。
プロシージャーからまるっきり違っており、「モデ(モデレートコーカス)/アンモデ(アンモデレートコーカス)」ではなく「インフォーマルディベート/コーカス」と呼んだり、「Working Paper(通称WP)」の概念が高校模擬と大学模擬では違っていたりと、「(高校)模擬国連経験者」でありながらたいへん戸惑うことの多い大会でした。

また、今会議は異例の「他校ペア」ということで、いつもの英語部内でペアを組む時のように、直接会って相談をすることなどができず、事前準備や資料のやり取りなども全てオンライン上で行ったので、そういった面でも苦労しました。

会議内容としましては、途上国グループと先進国グループの2つのグループが出来上がり、私達は先進国グループのリーダーとして、決議案(以下DR)の提出国となり、またそのDRを可決することができました。

ですが、悩みも残る会議でした。
今回の会議中、私達は、途上国グループからコンバイン(合併)の誘いを受けました。
コンバインを行い、1つのDRを国際社会に提示することは大変意味のあることで、本来ならばそうするべきでした。ですが、私達は残りの会議時間を考慮し、「自分達の国益をないがしろにしてまで国際益を守る必要があるのか」と考え、「まずは自分達の国益を守る」ことを選び、独自のDRをそれぞれ提出する道を選びました。
根本的なDRの内容や考えは似ていたことから、最終的に両方のDRがほぼ全会一致で可決されました。だからこそ、コンバインしていた方がよかったのではないか、と今でも悩んでいます。

今会議は、個人としても市川学園英語部としても、収穫しかなかった、といっても過言ではないほど収穫の多い会議で、理想の大使像について、会議行動について、ペアでの連携について、国益と国際益の兼ね合いについてなど、様々な面で考えさせられる会議となりました。

ペアはもちろんのこと、今回同じ議場で熱い議論を交わした全ての大使、フロント及び事務局の方々など、この大会に携わるすべての皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

(高2 吉田)

英語部 文化祭2018

英語部HP なずな祭 1

9月15日(土)、16日(日)の2日間、市川学園ではなずな祭が行われました。
英語部の展示は3年目となり、今年は4本立ての短編映画を作ることができました!
今年の映画の撮影は8月末に行った合宿によって助かった部分が多く、最後までドタバタしていましたが、作品として完成させることができました。

英語部HP なずな祭 2-NEW
展示を見てくださった方は過去最高の502人で、とても嬉しい限りです♪
また今年は学芸に初挑戦し、ステージでは洋楽を歌ったり、曲にのって踊ったりしました。歌の発音からダンスまでたくさん練習をしてきました!慣れないマイクを持ちながら歌うのは大変でしたが、多くの人に英語部を知ってもらえる良い機会になったと思います!
ご来場本当にありがとうございました。
今年のなずな祭は英語部の成長がたくさん見られたので、来年の展示も楽しみに待っていてくださいね!
(中3 湯浅)

英語部HP なずな祭 3

英語部 夏合宿

英語部HP ② 夏合宿 1
8月22日(水)~25(土)、学園の敬和寮にて3泊4日の英語部夏合宿を行いました。英語部員の希望者21名(高2:3名、高1:3名[うち男子1名]、中3:1名、中2:12名[うち男子3名]、中1:1名)が参加致しました。部員は全編英語のしおりを解読し、合宿に臨みました。

1日目は、本校地メインルームBにて中高合同レクリエーションを行いました。通常活動は中高別々ですが、英語のゲームで仲良く盛り上がりました。

夜は、全員で食堂に集まり、“Charlie and the Chocolate Factory”(チャーリーとチョコレート工場)を英語で鑑賞しました。独特の言い回しや、洒落など、実際に使われている英語を楽しく学ぶことができました。その後、その日にあった出来事やその感想を即興3英文(高校生は5英文)で話す“Journal”を、数名が皆の前で発表しました。スマートにこなす部員もいれば、苦戦している部員もいました。

英語部HP ② 夏合宿 2

2日目は、朝食前に朝ランニングと朝勉強を行いました。合宿だからこそできる企画は、部員の異なる一面が見られ、非常に新鮮でした。

寮の管理人ご夫妻による美味しい朝食を食べた後、Today’s Quote(英語部過去の投稿参照)を中高合同で行いました。

There is more to life than increasing its speed.
急ぐだけが人生ではない。
―――Mahatma Gandhi (マハトマ・ガンディー)

名言の意味を噛み締めながら…アクティビティを行いました。

英語部HP ② 夏合宿 3 英語部HP ② 夏合宿 4

午前中は文化祭展示の準備作業を進め、午後は本校地メインルームBにて夏休みの経験(留学や国内プログラム、模擬国連など)を発表しあう自由プレゼンの時間としました。時に笑いも交えながら、リラックスした雰囲気で行いましたが、質問もあがるなど、有意義な時間となりました。

英語部HP ② 夏合宿 5

その後は、文化祭のパフォーマンスの練習、文化祭で上映する映画の夜のシーンの撮影(中学)、昨日同様の“Journal”など、慌ただしく2日目を終えました。

英語部HP ② 夏合宿 6

3日目の朝はあいにくの雨により、ランニングの代わりに寮内でラジオ体操を行いました。
その後、1年間の海外留学に旅立つ部員の送別会を行いました。楽しい時間はあっという間に過ぎ、皆涙ながらに別れを惜しみました。パワーアップして英語部に帰ってくることを約束してくれました。

英語部HP ② 夏合宿 7 英語部HP ② 夏合宿 8

最後の夜は、“Aladdin”(アラジン)を英語で鑑賞しました。今回は顧問の先生による解説レクチャーをはさみながらの鑑賞で、様々な表現を学ぶことが出来ました。“A Whole New World”のシーンでは自然と皆で歌っていました。最後の夜ということもあって、疲れが溜まり、眠そうな部員も多くみられました。

英語部HP ② 夏合宿 9

最終日の朝、無事退寮し、引き続き文化祭準備を進めました。合宿期間中で作業がかなり進みました。文化祭の展示には乞うご期待!です。

私個人と致しましては、中1のころから熱望していた英語部合宿を、自分の英語部生活最後の年に実現することが出来て、感無量です。この合宿を通して、より一層英語部員同士の仲が深まり、パワーアップしたと感じています。

この合宿を実現するにあたって、寮の管理人ご夫妻をはじめとするお世話になったすべての方々に感謝申し上げます。今後も英語部を宜しくお願い致します。

(高2 湯浅)

英語部 第2回全国高校教育模擬国連大会(AJEMUN) 優秀賞受賞

英語部HP ① AJEMUN 1 英語部HP ① AJEMUN 2

8月6日(月)~7日(火)に国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催された「第2回全国高校教育模擬国連大会(AJEMUN)」に、本校英語部員9名が4カ国の大使チームとして、さらに1名(昨年優秀賞受賞者)が運営委員として参加いたしました。

大会の結果、本校のパプア・ニューギニア大使チーム(高2 吉田、高1 高倉、高1 岡田)が優秀賞を受賞いたしました。

本校が割り振られた「A議場」では、76カ国の大使チーム(37校)が参加しました。
すべての議場において最優秀賞が1チーム、優秀賞は3チーム選ばれる予定でしたが、A議場のみ優秀賞が同率5チーム出た結果となりました。

昨年の第1回大会でも本校からは別のペアが優秀賞を受賞し、これで2年連続受賞となりました。

大会運営に携わられた皆様、参加された他校の皆様、そして弊校英語部員へご協力とご指導、さらに応援してくださった皆様に心から感謝申し上げます。

英語部顧問団

<以下、大会情報を大会ホームページより引用(https://ajemun.wixsite.com/ajemun2018)>

● 大会概要(https://ajemun.wixsite.com/ajemun2018/blank)
・大 会 名 : 第2回 全国高校教育模擬国連大会 (AJEMUN)
・開催場所 : きゅりあん (品川区立総合区民会館)
・開催日時 : 2018 年 8月 6日 (月) 7日 (火)
・主  催 : 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター (ACCU)
       全国中高教育模擬国連研究会 (全模研)
・大会規模 : 約 700 名 (いくつかの会場に別れて議論)
・会議方式 : 全日本高校模擬国連大会と同じ方式 (ハーバード方式)
・使用言語 : 日本語 (ただし簡単な定型句などは英語を使用する場面があります)
・議題 : 国際安全保障の文脈における情報及び電気通信分野の進歩 (サイバーセキュリティー)

● 大会結果(https://ajemun.wixsite.com/ajemun2018/blank)

 <A議場>
 最優秀賞  Qatar  渋谷教育学園幕張高等学校
 優秀賞  Thailand  浅野中学高等学校
 Singapore  駒場東邦高等学校
 United Kingdom  玉川学園高等部
 Dominican Republic  岐阜県立岐阜高等学校
 Papua New Guinea  市川高等学校
実行委員特別賞  Poland  渋谷教育学園幕張高等学校

 

 <B議場>
 最優秀賞  Serbia  海城高等学校
 優秀賞  Ecuador  渋谷教育学園幕張高等学校
 Germany  渋谷教育学園幕張高等学校
 Nigeria  西大和学園高等学校
 実行委員特別賞  Argentina  浅野中学高等学校

 

 <C議場>
  最優秀賞  Estonia  東京女学館高校
 優秀賞  Colombia  駒場東邦高等学校
 Nigeria  渋谷教育学園幕張高等学校
 El Salvador  中央大学杉並高等学校
 実行委員特別賞  Jordan  高田中高等学校

 

 <D議場>
  最優秀賞  Tunisia  逗子開成中学・高等学校
 優秀賞  United States  駒場東邦高等学校
 Australia  駒場東邦高等学校
 China  中央大学杉並高等学校
 実行委員特別賞  Russian Federation  東京女学館高校

英語部 桐蔭学園 模擬国連『夏の陣』

英語部HP 桐蔭会議

7月27日(金)に、桐蔭学園で行われた模擬国連練習会に、英語部から2名がスウェーデン大使として参加しました。
議題は、「核兵器」。
参加国が100か国にもおよぶとても大規模な会議でした。当初は7月27日(金)~28日(土)の2日間で実施される予定の会議でしたが、台風の影響で1日会議になってしまったこの会議。短い時間で非常に多くの国をまとめる難しさを改めて感じました。

最近、日本の核兵器禁止条約の扱いについて話題となっておりますが、世界の核問題を考える良いきっかけとなりました。

核についての展示は、9月15日(土)~16日(日)の本校なずな祭にて行う予定なので、興味がある方はぜひお越しください!

この会議に携わられた皆様に、深く御礼を申し上げます。
(高1 形部)

「第1回アメリカ・ボウル大会」出場

英語部HP アメリカボウル1

英語部HP アメリカボウル2

7月21日(土)に、港区立赤坂区民センターで行われた、「第1回アメリカ・ボウル大会」(関東及び甲信越・東海地方の66校、267名の日本人高校生が、アメリカの歴史・文化・芸術・地理・科学・日米関係などについての知識を競う英語のクイズ大会)に本校英語部高校部員から3人×2チーム、合計6名が参加しました。

予       選 : アメリカについての基本知識を問うクイズ
    ↓
カルチャーイベント : ビンゴゲーム
    ↓
決       勝 : ちょっと難しいアメリカについてのクイズ

第1回大会だったので、どのような感じで行われるのか想像がつかなかったのですが、アメリカについての雑学みたいなものが多く問われた、という印象でした。
残念ながら決勝進出はならなかったのですが、決勝大会は激戦となり、とても面白かったです!
このような企画は、楽しみながらアメリカについての知識を増やすことができ、英語を学べる良い機会だと思います。

今大会に携わられた皆様、誠にありがとうございました!
( 高1 山口 )

第2回模擬国連初心者向けワークショップ開催

英語部HP ワークショップ1

6月10日(日)に本校ALICEメインルームBにて、模擬国連初心者向けワークショップを開催いたしました。今回、校内で募った希望者と英語部員合わせて77名35グループ(高2:2名 高1:28名 中3:3名 中2:18名 中1:26名)が参加いたしました。学生組織「もぎこみゅ!」様のご協力をいただき、模擬国連のプロセスを学び、実際に「エネルギー安全保障」を議題に会議を行いました。今回は一つの議場で会議を行い、大使は国益を守るべくスピーチ、交渉、文書作成、投票を行いました。(学生組織「もぎこみゅ!」公式サイト:www.mogicommu.com

英語部HP ワークショップ2

シンガポール大使を担当した私はワークショップに関しては二回目の参加だったのですが、まだ英語部には入部していませんでした。

ワークショップで最も印象深かったのは決議案(Draft Resolution、以下DR)の採決の時です。ワークショップ前、私はどんな立場の人でも納得できるようなDRを作ったと思っていました。しかし、他国との協力を進めるにつれて対立してしまう国も生まれ、時間不足によりもう一つのDRを作っていたグループとの合意の交渉を断念せざるを得ませんでした。結果的にどちらのDRも採決されましたが、その時、自分は技量不足により皆が納得できるDRというものが作れなかったことへの悔しさが沸々とわいてきました。

大使としての威信と誇りを持ち、他国と交渉しながら、多くの国が合意しつつ、自国の利益を守るDRをつくる。このような体験は模擬国連でしかすることはできないでしょう。そんな模擬国連の虜となった私はワークショップ後、晴れて英語部部員となったのです(唐突)。

最後に、この素晴らしい企画を運営してくださった学生組織もぎこみゅ!の皆様、そして参加者の皆さまにこの場を借りて御礼申し上げます。

(高1 奥田)

英語部 浅野×逗子開成会議

模擬国連「浅野×逗子開成会議」
6月21日(日) 逗子開成中学高等学校にて、浅野学園との共催で行われた模擬国連「浅野×逗子開成会議」に本校英語部高校部員10 名が参加しました。

議題は、「ジェンダー平等」。

本校英語部員はA議場オーストリア、イラン、B議場トルコ、シンガポール、エチオピアの5カ国の大使を担当しました。それぞれの大使は国益を守るべくスピーチ、交渉、文書作成、投票を行いました。

エチオピア大使を担当した私たちは、初めて校外模擬国連に参加した為、今回の模擬国連では、たくさんの学べる事がありました。特に印象的だったのは、各国大使の交渉のスピードの速さです。

アンモデ(大使が集まってグループになり議論、交渉をすること)が始まる頃には、数カ国が協力しており、事前に参加国について調査することの大切さを実感しました。

私は今回の会議で自分たちの政策を通すことの難しさを実感しました。6月10日(日)に参加した模擬国連初心者向けワークショップでの反省点を生かして、具体的な政策を立てたつもりでしたが、方向性の違いなどからなかなか受け入れてもらえず、悔しさが残るものとなりました。しかし、他の大使の圧倒するような英語スピーチやアンモデで国をまとめている様子に沢山の良い刺激を受けることができました。

結果、決議案は複数提出されました。最後まで、対立していたグループもありましたが、各国の大使全員が、より良い世界にしたいという共通の意識があったからこそ、起こったことだと思います。

これからも、校外模擬国連に参加出来る機会がありますが、一国の代表であることを忘れずに、頑張りたいと思います。

この会議を企画・運営して下さった皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

(高1 官・朴)