井上 紀子先生:文筆家

『 父としての城山三郎~父からの課題、悩めることの幸せ~ 』

井上先生の主な経歴の紹介

1959年神奈川県茅ヶ崎生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程(国文学専攻)修了。1983年より日本語学校非常勤講師として、日本語初級クラス、及び日本語教師養成講座(通信部門)を担当。のち、国立国語研究所の日本語用例辞典の編纂、小学生向け国語辞典の編纂作業に携わる。現在は城山三郎の遺品整理・管理に当たっている。

著書:「城山三郎が娘に語った戦争」  朝日新聞社、 「父でもなく、城山三郎でもなく」毎日新聞社

主な講義内容の紹介

本年度の最後の土曜講座が、井上紀子先生をお招きして多目的ホールで行われました。進行役の古賀加奈子カウンセラーとご一緒に入室された先生は、定刻に講演を始められましたが、それはきわめて多彩なものでした。

最初に司会者から、井上紀子先生、並びに父親でもある城山三郎さんのプロフィールの紹介がありました。その後、古賀加奈子さんの進行になり、今回井上先生を土曜講座にお招きした経緯についての説明の後、担当の中田真人さんより作家・城山三郎さんの著作について紹介されました。

座席から立たれた井上紀子先生は、城山三郎さんの海軍志願時のスライドなど20点近くを丁寧に説明されました。時々古賀さんからの問いかけに、井上先生がお答えする息のあった問答が繰り返されました。

その後、高2の女子生徒が、城山三郎さんの『愛』という詩を感情こめて朗読してくれました。それから、井上先生ご自身が『父としての城山三郎』について、「悩むことは幸せ」「一歩踏み出せば世界が広がる」「自分で責任をとれ」「いいわけを求めない」などの言葉をエピソードを交えて懐かしげに語ってくださいました。

最後に、多目的ホールの聴衆の皆さんへの問いかけや、皆さんからの質問をお受けした後、井上先生ご自身がお書きになられた『父でもなく、城山三郎でもなく』の「あとがき」を朗読されて90分間の土曜講座が終了しました。

生徒や保護者の主な質問・感想

○ 城山三郎さんの生き方を知り感銘をうけました。戦争の傷を負いながら生きた城山さんの本を読んでみたいと思います。(中1)

○ 他人の意見や世間に流されないで、見たり聞いたりしたことに対して自分の意見を言うことの大切さを学びました。(中2)

○ とても感動的なお話でした。誰もが自分の手で情報をつかみ、自分で考える世の中になるべきだということがわかりました。(中3)

○ 城山三郎さんが常に他の人とは違った見方を持つ柔軟さを持っていることに驚きました。(高1)

○ 「悩むことは絶対に幸せ」という言葉が心に残り、選択肢をもっている自分がとても恵まれているように感じ、その分その豊かさを最大限に利用しようと思った。(高1)

○ 小さいことをいちいち怒らず、大きなことを怒るためにエネルギーをためるという、面白い発想に少し感動した。(高1)

○ 人生の生き方をいろいろ紹介してくれてとても良かった。これからも「無私」な人になれるよう挑戦してみようと思いました。(高2)

○ 思想的なエピソードを聞くことができ、城山作品のバックボーンを身近に感じることができるようになりました。(中1保護者)

○ (中1保護者)ムードに流されて 戦争に向かっていくという恐ろしさを感じました。井上先生のお話はテンポもよくとても楽しかったです。        

○ 子を持つ親として悩むことばかりの毎日ですが、悩むことは幸せとのお話をうかがえて良かったと思います。(中1保護者)

○ 私は、これから先の自分の人生を「老い」としかとらえていませんでしたが、資料「城山三郎の人と作品」や城山さんの活躍ぶりを見て、私にもこれから先の人生にまだまだやれることがいっぱいあるのではないかと、力づけられました。(中2保護者)