過去のNZ通信 2006度(2007/3/11)


2006年度(2007/3/10~3/25)

NZ通信(ダニーデン通信)

3/11

 10日、33名全員無事にダニーデンに到着しました。今年はいつもよりも寒い夏だったそうですが、着いた時は気温27度という暑さ。制服をしっかり着込んできたため、かなり暑そうでした。

 John McGlashan College に着くと、男子生徒達がハカ(マオリの踊り)で迎えてくれました。ホストファミリーと早速ご対面です。不安げな様子でしたが、それぞれのホストファミリーからボーンカービングのネックレスを友好の証として頂き、各家庭へと向かいました。

 一夜明けて授業初日。今日からは男子・女子それぞれの学校に分かれて登校です。みんな元気でひと安心。

 今日は午前中は、学校の見学・実力テスト・自己紹介などでした。もちろん全て英語です。ティータイムは、10:30くらいからの少し長い休み時間です。お茶やフルーツをいただいてのんびり過ごす習慣です。生徒達も、ホストファミリーに用意してもらったり自分で買ってきたスナックをいただいて、KIWI気分を味わいました。

 授業が終わると、女子の通うSt.Hildaでは、留学生たちがやってきて挨拶をしてくれました。25人の留学生が各国からやってきているそうです。いろんな質問に気さくにこたえてくれました。チャペルでの集会に参加し、歓迎していただきました。厳かな雰囲気かと思いきや、生徒達のパフォーマンス、歌などで大盛り上がりでした。一緒に歌えるよう、歌詞も用意してくれていました。

 午後はJohn McGlashanの男子と合流し、ウェルカムランチをいただきました。そしてバスで市内観光へ。だんだん気温が上がる中、世界一の坂を登り汗だく。オタゴ大学構内や市内を巡り、学校へと戻りました。バディーと共に帰宅です。バディーと会って、ほっとする表情を見せる様子に、安心しました。

 秋葉&伊澤