ふくしま学宿

ふくしま学宿

ふくしま学宿

活動概要

ふくしま学宿は、「各分野で復興に向け挑戦する福島の人々(ヒューマン)との対話」と「福島のありのままの姿(光と影)」に焦点を当てた学びのツアーです。震災・原発事故直後から現在に至るまでの復興の歩みや復興に向け奮闘を続ける人々の生の声を参加者の皆様に感じてもらい、ツアーを通じて福島の現状について理解を深めることはもちろん、震災・原発事故の教訓を踏まえ、これからの日本・地域の将来を考えてもらうことを目的としています。

活動の感想

東京大学文科三類  丸山 穂乃果(2020年度卒業生)

  • 私は、高校1年生の時にふくしま学宿に参加しました。参加した動機は、宣伝のポスターを見かけ、「いつもとは違う環境で新しい事を学んでみたい!」という軽い気持ちでした。合宿先では、震災の当事者の方や、復興に携わる方等、たくさんの方々からお話しを伺いました。被災地の暗い現状を知る一方、復興活動において希望に満ち溢れている一面も知ることが出来ました。私が合宿を通して特に感じたのは、人との繋がりの大切さでした。伺った福島県の被災地では、復興活動において沢山の人が協力し合う姿が見られました。辛い事があっても、人と助け合って乗り越えていけば何とかなるんだ、といった気概を感じました。そして、合宿に参加した時から、私は将来、人を助けられる仕事がしたいという思いが生まれました。現在私が教育系の進路に進みたいと思っている事にも、ふくしま学宿での経験が関係していると思います。

    私は当時を振り返り、「学宿に参加して良かった!」と思っています。当時は実感が湧きませんでしたが、その時肌で感じたこと、築いた人脈や経験はその後いろいろな面で私の価値観や人生に影響していると感じるからです。その面で、今足りなさを感じている人には、とにかく何かに挑戦してみて欲しいです。行動する事で思ってもいなかったような新たな学びを得られたり、後々にその経験が役に立ったな、と思える時が来るかもしれません。市川学園は、沢山の課外活動を紹介してくれて、とても恵まれていると思います。この恵まれた環境を生かして、生徒の皆さんには沢山の事にチャレンジしてみてほしいと思っています。