国際研修

国際研修

国際教育のススメ国際教育部長メッセージ

本校は英国のパブリックスクールに大きな影響を受けて開校した学校であり、国内および海外で実施する国際研修プログラムが多数あります。生徒たちの英語で学びたい、海外で学びたいといった意欲の表れです。海外に赴くプログラムだけでも6種類、ホームステイをしながら現地の学校に通う「カナダ(中3・高1希望者)」「ニュージーランド(中3・高1希望者)」、大学の寮滞在を基本として、より学術的な学びを体験する「英国イートン(中3~高2希望者)」「英国ケンブリッジ(中3・高1希望者)」「英国オックスフォード(中3・高1希望者)」、「米国ボストン・ダートマスカレッジ(高1・2希望者)」と多岐にわたります。国内で開催する行事では、海外の学生と学ぶ「エンパワーメント・プログラム(高1・2希望者)」、「8校合同開催Double Helix [ダブル・ヒーリックス](高1・高2希望者)」、高大連携開催の「神田外語大学グローバルイシュー探究講座(高1・2希望者)」があります。さらに、文部科学省WWL(World Wide Learning)コンソーシアム構築支援事業(https://b-wwl.jp/about/)連携校として「全国高校生SRサミットFOCUS(フォーカス)」にも参加しています。ここでは、日本語と英語を用いて国内外の高校生と交流し、生徒が社会の一員として目指す社会について考え、具体的なアクションへとつなげています。「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では、これまでに本校生徒30名以上が世界各地で学び、活躍してきました。
  •          国際教育部 部長 山本永年

  • これらの活動は、文化祭や、年度末のIchikawa Academic Dayでも発表され、後輩へと受け継がれています。
    進路選択においても、学部レベルから海外大学進学を志望する生徒が毎年複数名おり、その支援もしております。

    ここまでご覧いただいたように、「国際教育」と言っても関わり方は色々あり、生徒たちは複数ある選択肢の中から選ぶことができます。小学生・中学生の皆さんにも、市川学園の一員となって、これらのイベントに積極的に参加していただければ幸いです。

研修一覧

それぞれ特色のある有意義なプログラムとなっています。

残念ながら、新型コロナウイルス感染症の影響で本年度の海外研修はすべて中止になりましたが、
国内にいながらもできる国際研修を模索し、「Double Helix(ダブル・ヒーリックス)」「神田外語大学グローバルイシュー探究講座」「エンパワーメント・プログラム」「全国高校生SRサミットFOCUS(フォーカス)」に多くの生徒が参加しました。

研修動画