高校生ビジネスプラングランプリ

高校生ビジネスプラングランプリ

高校生ビジネスプラングランプリ

活動概要

高校生ビジネスプラン・グランプリは、日本政策金融公庫の開催する、将来を担う若者の創業マインド向上を目的に、全国の高校生および高専生(1~3年生)を対象とし、ビジネスプランを競う全国規模の大会です。日本の未来や地域の未来を切り拓くようなビジネスプランを全国から集め、ファイナリスト(10組)が最終審査会にてプレゼンテーションを実施し、グランプリを決定します。平成31年度(第7回)は応募総数3808件、参加校数409校、10739人もの生徒が参加しました。これからの時代に求められる『主体的・対話的で深い学び』の実現に役立つ施策として全国の高等学校・高等専門学校から注目を集めています。

活動の感想

2021年度高校3年  湯浅 桜

  • 私たちのチームは企業が開催したセミナーに参加して、自律神経の状態をカメラで簡単に測定できる最新技術を知り、それを活用した高齢者向けストレスケアシステムを提供するビジネスプランを考えました。私たちのプランは審査を通過し、最終審査会でプレゼンテーションを行うファイナリスト10組に選ばれ、優秀賞を頂きました。

    私は高校1年生の1年間をこの大会に捧げたことで、自分の言いたいことを人に伝えることの難しさを知ることができたと思います。私たちはファイナリストに残ることができたため、プレゼンテーションをどのように作り上げていくかに力を入れました。私たちが伝えたいことを聞き手にとって分かりやすく説明するためには、私たちがしっかりとその内容を理解することが一番大事だと知りました。物事の背景知識が多くあればあるほど、一つのことについても関連性を持って論理的に話すことができると思います。
  • 私は大学で日本史をより深く学びたいと思っていますが、日本史だけではなく世界史、地理、政治経済など他の教科も学ぶことを通して理解できることも多くあると思います。高校生ビジネスプラン・グランプリは様々な観点から一つのことを極めていくために、社会に対する視野を広げるとても良い経験になりました。これからもこのようなことに対して、積極的にチャレンジしていきたいです。