トビタテ!留学ジャパン ガーナ医療ボランティア

トビタテ!留学ジャパン ガーナ医療ボランティア

トビタテ!留学ジャパンガーナ医療ボランティア

活動概要

トビタテ!留学JAPANは、文部科学省が意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年10月より留学促進キャンペーンとして始まった留学支援プログラムです。
トビタテ!留学JAPANは支援が手厚く、留学とはいっても様々なコースが用意されています。大きく分けると、アカデミック、プロフェッショナル、スポーツ・芸術、国際ボランティアのコースです。そして応募する際には、留学計画書の作成というとても大変な過程を経る必要があります。これを作成するだけでも、自分自身を分析したり、将来を見つめなおしたりする良いきっかけにもなるので、大きな成長につながります。
トビタテ!留学JAPAN HP:https://tobitate.mext.go.jp/hs/

活動の感想

群馬大学医学部医学科 王 曄子(2020年度卒業生)

  • 私は高校2年生の時にアフリカのガーナに国際医療ボランティアとして派遣され、現地で2週間ホームステイをしました。帰国生ではありませんが市川学園での教育のもと養ってきた英語力とコミュニケーション能力を生かして、異国の地で一人きりの中たくさん苦労しながらも楽しく意義深い活動をすることができました。幼い頃から小児科医になることが夢だったので、発展途上国の医療を経験したり、多くの子どもたちと交流したりすることが私の留学の目的でした。実際の活動では、ガーナの病院を見学したり、ハンセン病キャンプでケア活動を行ったり、地域の小学校で子どもたちの健康診断を行ったりと、新鮮で貴重な体験ばかりでした。これらの経験を踏まえて多くのことを学びましたが、高校生だった留学当時の自分は大きな無力感を痛感することもできました。

    このように、直接誰かの命を救えない高校生の時だからこそ感じ取ることができた多くの新しい学びによって、将来は小児科医になるという志がより確かなものになっただけでなく、将来的には国際的な活動も視野に入れていきたい
    という思いも芽生えるようになりました。
  • 留学後は、未熟なことが再確認できた英語の授業に自然と力が入るようになったり、普段の生活でも発展途上国をはじめとした国際的なニュースにアンテナを張ったりできるようになりました。

    私はトビタテ!留学JAPANを利用して、高校生のうちに自分のやりたいことのために留学したことは、人生における大きな財産になったと確信しています。後輩の皆さんも、貴重な機会を決して逃さずに自分の将来のために多くのことにチャレンジしてくれればと思います。